食べ過ぎる飲み会シーズンに最適!食べるダイエットの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

飲み会や食事会のシーズンとなりますが、

ついつい食べ過ぎてしまうことってありますよね。

食べ過ぎたからといって、翌日に食べないのは逆効果なんです。

翌日もきちんと食べ、その後も毎食きちんと食べながら、
栄養士さんもお勧めする、15kgも減量できる方法をご紹介します。

 

 

 

食べるダイエットとは?

食べたものはすぐに脂肪になるわけではありません。

翌日からの食事に注意し、食べ過ぎた分をきちんと消費して体の外に排出できたら太らないのです。

だから、単純に食べることを抑えたら良いわけではありません。

何も食べないと、次の食事で血糖値が急上昇しやすく、その結果、太りやすくなります。

食べるダイエットとは、食べる内容やバランスを整えることで、脂肪を溜めないダイエットのことなのです。

 

食べるダイエットの4つの方法

旬の野菜と、食物繊維をしっかり摂る

旬の野菜は鮮度や味に優れていて、栄養価も高いです。また、余分なコレステロールや中性脂肪を排出する働きを持つ、海藻、キノコ類などの食物繊維を摂ると良いでしょう。

 

食物繊維を含む代表的な食べ物
もずく…水溶性食物繊維を含み、フコイダンの宝庫です

きのこ…排出を促す不溶性食物繊維が豊富です

大麦…水溶性食物繊維の量が、穀物で最も多いです

ゴボウ…食物繊維が多い根菜です

 

 

良質なタンパク質を摂る

食べ過ぎ・飲み過ぎて疲れた体の免疫力を高めるタンパク質も不可欠です。

食べ過ぎたからと言って、何も食べなかったり、野菜だけしか食べなかったりすると、体の基盤となるタンパク質が摂れません。そうすると、代謝機能や免疫力の低下につながります。また、タンパク質が不足すると、筋肉を壊して補おうとするため、筋肉が落ちやすい上、肌のたるみやシワにつながりかねません。

 

魚介類…良質な脂質免疫力を高めるビタミンDを含みます。
中でも、オメガ3系DHAEPAなどの良質な脂を含む魚も良いでしょう。

※脂質の詳しい情報はこちら

肉…脂肪分や皮を除けば、良質なアミノ酸源になります。
肉は脂質の少ないものを選びましょう。

大豆…大豆は血中コレステロールを減らす働きがあります。
植物性タンパク質の多い大豆製品はオススメです。

 

 

緑黄色野菜などの抗酸化食材を摂る

糖質や脂質の多いメニューや、アルコール量が進む飲み会や食事会の席では、体内で活性酸素が発生しやすくなります。そのダメージを抑えて、素早く修復するためには、緑黄色野菜やナッツ類、キノコを積極的に摂るといいでしょう。

緑黄色野菜にはビタミンC・E、カプサンチン、リコピンなど、抗酸化作用の高い成分を多く含みます。

 

中でも、トマトは、アルコールの代謝を促す酵素を活性化させる働きが認められています。

トマトジュースやホール缶で摂取できます。

 

■オススメトマトジュース

伊藤園 理想のトマト

フレッシュな味わいと爽やかな味わいを向上したトマト30個分の甘く濃厚な味わいです。

酸味が少なく、完熟した甘みを引き出した理想のバランスになっています。

一度口にすると、他のトマトジュースは飲めなくなってしまうくらい味に定評があります。

 

43-tomatojuice

 

酢を取り入れて、糖の吸収を抑える

酢は、余分な糖の吸収を抑えて、血糖値の上昇を緩和させてくれます。

ご飯やパスタを主食とするときは、必ず酢の物を添えると良いでしょう。

 

また、酢には内臓脂肪を減少させる働きもあります。

 

飲み会後の食事はどんなものがオススメ?

食べ過ぎた翌日は、とにかくとりすぎた余分なものを排出させるために、食物繊維の豊富な野菜をたっぷり摂るのがオススメです。

野菜のシャワーを浴びる日と思ってたくさんとりましょう。

量の目安は、

 

■野菜の量

生野菜の場合…朝昼晩の毎食、両手のひらに1杯分

加熱野菜の場合…朝昼晩の毎食、片手に1杯分

 

■タンパク質の量…3食欠かさず摂る

 

翌日のランチには、「野菜たっぷり+タンパク質」を意識したものを摂りましょう。外食で定番のカレーライスやラーメン、クリーム系パスタは、見えない脂や脂質が多いので注意しましょう。

■NGメニュー

カレーライス ラーメン 野菜のかき揚げうどん
クリームパスタ 洋菓子 野菜のミックスジュース

 

オススメの間食

次の食事まで時間がありすぎるときは、少しの間食で血糖値の上昇を防ぎましょう。

メニューは、ヨーグルト+ナッツがオススメです。

ヨーグルトの中に、アーモンドを粗みじんにカットし、ハチミツをかけていただきましょう。

 

 

 

最後に

いかがでしたか?食べるダイエット方法についてご紹介しました。

このダイエット法を実施することで、食べられないストレスから解放されて、

より健康的な体になれますね。飲み会や食事会で食べ過ぎて太り気味という方は、

ぜひ始められてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。