飲む美容液のアボカドオイル♪そのうれしい効能をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここ数年で話題となっている健康オイルといえば、
ココナッツオイルやエゴマ油、亜麻仁油、オリーブオイルなどがあります。
そんな中、アボカドから採れるアボカドオイルもじわじわと人気を集めています。
実は、アボカドオイルも美容や健康に嬉しいオイルなんです。料理にも合わせやすいので、嬉しいですね。
今回は、そんなアボカドオイルの効能と使い方、レシピについてご紹介します。

アボカドオイルとは?

森のバターと言われるアボカド。アボカドは、「世界一栄養価の高い果物」として、ギネスブックに認定されているほど、栄養価が高いことで知られています。

そんなアボカドの果肉を乾燥させ粉末にして絞ることで

アボカドオイルは、作られています。

300mlのアボカドオイルを作るのに、約20個のアボカドを使っているそうです。

ココナッツオイルと違い、低温になっても固まらないのも特徴です。

このアボカドオイルは、食材としてだけではなく、スキンケアやヘアケアさらにネイルケアなど美容面でも大活躍。食用だけでなく、美容面でも使う人も増えているそうです。

アボカドオイルは、優れた保湿力を持っています。また紫外線から肌を保護したり、ニキビなどの炎症を抑えたりする効果もあります。

 

アボカドオイルの色や香り

アボカドオイルは、淡い黄色です。

香りは、商品によって違いがありますが、

アボカド特有の香りがするオイルもあれば、ほとんど香りのないものもあります。

できれば店頭で店員さんに聞いたり、試飲したりしてみましょう。

 

アボカドオイルの栄養とは

アボカドオイルには、良質な脂質で血液をさらさらにするオレイン酸が豊富に含まれています。食材としてサラダ油の代わりに使用することもできます。

また、アボカドオイルには抗酸化作用のあるビタミンEも含まれています。

さらにビタミンAやβカロチン、そして食物繊維や、カリウムなど体に嬉しい栄養素が入っています。

 

アボカドオイルを摂取することで得られる効果

ダイエット効果

含まれるビタミンEには、食欲を抑えて空腹感を紛らわす働きがあります。

老廃物を排出してくれるので、むくみを防いでスリムな体になれます。

 

コレステロールの減少

悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。

 

貧血を防ぐ

アボカドオイルには、女性に欠かせない葉酸も含まれています。この葉酸とは血液を作る大切な成分です。

 

アンチエイジング効果

高い抗酸化生姜あるビタミンEが多く含まれているため、

アンチエイジング効果が期待できます。また血管や心臓を元気にしてくれます。

 

便秘解消・腸内環境の改善

アボカドオイルには、水溶性の食物繊維が多く含まれているため、

腸内環境を清浄化してくれます。

 

美肌効果・お肌の調子を整える

アボカドオイルは代謝アップや、老化防止の効果があるため、肌の状態を整えてくれます。

また豊富に含まれるビタミンEやミネラルが、肌トラブルを解消してくれます。

 

スキンケア・ヘアケア・ネイルケアとしてのアボカドオイルの使い方

美容液代わりに

美容液代わりに肌に塗ることができます。

寝不足による肌荒れや、日焼けなど肌にダメージを受けた場合も修復してくれます。

 

乾燥を防ぐ保湿剤としてボディケアに

カサカサとする乾燥が目立つ肘や膝などに塗ることで、乾燥を防いでくれます。

 

クレンジングに

メイクを落とす際に、水を使わずアボカドオイルを手に取り、顔全体になじませます。

保湿力が高いので、しっとりとした肌になることができます。

 

髪のトリートメント

シャンプーをしてタオルドライをした後、

髪の毛にうすく塗ります。その後ドライヤーで乾燥させても、

パサつきがなくなります。

 

ネイルケア

マニキュアの上から爪に塗り、爪とその周りをマッサージします。

血行を促進し爪を強くします。さらっとしていてテカテカしないので、

外出前のネイルケアにもいいでしょう。

 

アボカドオイルを食事に使う

アボカドオイルをそのまま飲む、というのも簡単でオススメの方法ですが、料理に使う方法もご紹介します。

トーストに

バターやマーガリンの代わりにアボカドオイルを塗ります。

 

ヨーグルトやスムージーに

ヨーグルトにかけるのもオススメです。便秘解消が期待できるでしょう。

お好みできな粉や蜂蜜、ドライフルーツなどを入れるのもオススメです。

 

調理油として

そのほか、調理油として使えます。

サラダやマリネ、ソテーなどに使うと、旨味を引き立ててくれますよ。

 

アボカドオイルの摂取量

1日に飲む量は、大さじ1杯が目安です。
便秘解消効果を期待するなら、
朝一番に小さじ1程度飲むといいでしょう。オイルが潤滑油の役割を果たし、朝のお通じを促します。

 

最後に

いかがでしたか?

アボカドオイルの効能をご紹介しました。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。