ステップ別に解説!スキンケアの大事なポイントを抑えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スキンケアのポイントって、自分流のやり方があるので中々変化をつけにくい部分ですよね。
でも、美容業界は日進月歩。
自分のスキンケアスタイルも見直さないと、効果的にそれぞれのスキンケアが持つ良い部分を肌に取り込めないかもしれません。
今回は、スキンケアの大事なポイントをステップ別に解説していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

スポンサードリンク

 

クレンジングのポイント 「素早く落とす」

クレンジングのポイントは「素早く・浮かせて・落とす」です。
雑にするのはNGです!

肌に負担をかけないよう、オイルやバームなど、落ちの良いクレンジング剤を使った方が良いでしょう。
乾燥が気になる場合は、クレンジングクリームを使うのがおすすめです。

 

また、お湯でするんっと落ちるタイプのマスカラであっても、ポイントリムーバーでオフするのが正解。

 

クレンジングは擦って落とすのではなく、浮かせて落とす、のが鉄則!
おでこや頬など、面積が広い部分は面で。
小鼻や目のキワなど、細かい部分は指先で優しくクルクルなじませよう。

 

 

洗顔のポイント 「泡のチカラで落とす」

洗顔のポイントは何よりにあります。
手が肌に触れないくらいのモコモコの泡を作り、力を入れない洗顔を心がけて。

 

洗顔をすすぐ際にはシャワーをそのまま顔に当てて、洗顔料を洗い流しているという方も多いのではないでしょうか?
シャワーの温度・水圧は顔の皮膚に負担をかけてしまい、乾燥を招く原因に。
乾燥はくすみや毛穴トラブルを引き起こす、美肌の大敵。
洗面器に張ったぬるま湯(30℃~40℃)で、しっかり洗い流すよう心がけましょう。

 

また、週に1度は角質ケアを洗顔に取り入れるのもおすすめ。
乾燥が気になる方はスクラブを、毛穴詰まりが気になる方は酵素を取り入れることで、つるつるお肌が目指せます。

 

 

化粧水のポイント 「大切なのはお肌の保水」

化粧水は肌に水分を与えて、キメを整えることにあります。
そのため、とろっとしたテクスチャーのものよりは、さらっとしたみずみずしいタイプのものがおススメ。

 

その化粧水を、1度に大量に入れこもうとするのではなく、少量ずつ優しくパッティングするのが基本。
肌トラブルがあるときは、コットンでの強いパッティングは避けて。
さらに、週に1回はコットンパックをすると、良いでしょう。
市販のシートマスクよりも顔の形にフィットしやすいので、まんべんなく保水できます。

 

 

美容液・クリームのポイント 「フタをする」

美容液は、ブースタータイプと、自分に合った美容成分が配合されたものとの2本使いが理想。
ブースタータイプは、洗顔後すすぐ、化粧水の前に使ってもOK。
自分に合った美容成分が配合されたものは、美白効果、エイジングケア効果など。

 

クリームは、肌にしっかり密着するものがベスト。
手の平でゆっくりハンドプレスして密着させることで、べたつきも気になりません。

 

 

さいごに

今回はスキンケアの大切なポイントを、それぞれのステップ別にご紹介しました。
自分のやり方でやっていた工程もあると思うので、ぜひ新しいスキンケアのポイントを抑えて実践してみてくださいね♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。