頭皮や脇の汗&ニオイに悩まない!大切な5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏になると気になる脇や頭皮、足の汗やニオイ。
人には言わないけど、気にしている方は多いのではないでしょうか?
自分では分かりにくい自分の匂い。
しっかりケアして堂々とお出かけしましょう♪

 

スポンサードリンク

 

気になる汗のニオイはどうして発生するのか?

汗というのは、エクリン腺アポクリン腺という、汗を出す汗腺から出されます。

エクリン腺というは、体温調整の際に汗を出したり、緊張した時に汗を出す汗腺のこと。
体全身にあり、顔や頭、背中に特に集中しています。
エクリン腺から排泄される汗は99%が水分からできていて、サラサラしており、ニオイもほとんどありません。
ただし、肝機能が低下しているときや、強いストレスを感じているとき、衣服に汗が移ってしまったときなどはニオイを発生するようになります。

 

アポクリン腺は、脇の下や耳の中、乳輪や陰部など、限られた部位に存在する汗腺です。
アポクリン腺から排泄される汗には粘り気があるのが特徴で、たんぱく質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などが含まれています。
これらの成分が常在菌によって分解されることでワキガ特有のニオイが発生するとされいます。

 

では、これらの汗腺から出る汗が臭くなってしまう原因をご紹介したいと思います。

 

汗が臭くなる原因

  • 運動不足
  • 食生活の欧米化
  • ミネラル不足
  • ストレス
  • 体の冷え

 

以上が、汗のニオイを強くしてしまう主な原因です。

 

この気になるニオイを抑えるための大切なポイントを抑えることができれば、汗のニオイに悩むことも改善されるはず!
では早速、その大切なポイントをご紹介しますね♪

 

 

汗やニオイに悩まない!大切なポイント

 

その1: 水分補給を怠らないこと

汗の量を増やしたくないから、と水分の摂取を抑えてしまう方がいます。
そうすると、汗の濃度はどんどんと濃ゆくなり、ニオイも強くなってしまうので、こまめな水分補給を心がけましょう。

 

 

その2: 身体を冷やしすぎない

夏はオフィスやコンビニ、商業施設、どこに行ってもエアコンが効いていますよね。
そんな中に長時間いると、身体も冷え切ってしまいます。

 

身体が冷えることで発汗もしづらくなり、水分と一緒に毒素も身体にため込まれてしまいます。
夏も身体を冷やさないように意識するよう心がけましょう。

 

水分補給もできて、身体を冷やさないようなハーブティーを取り入れると良いでしょう。
ミネラルも補給でき、カラダも温めることができます。
ぜひホットで飲んでください。
ストレスの緩和にもつながりますよ♪

 

 

その3: こまめに汗を拭きとる

汗に含まれる成分が分解される際に皮膚の細菌がニオイを発生させます。
その時間は大体1時間程度だと言われています。

 

そのため、汗をかいてから1時間以内に汗を拭きとってしまえば、気になるニオイを抑えることができるんです。

 

ちなみに、汗を拭きとる際に乾いた布やティッシュなどで拭きとると乾燥し、逆に汗を出してしまうので必ず市販の汗ふきシートや濡れたタオルなどで拭きとるようにしましょう。

 

【オススメアイテム】

ルシードのデオドランスアイテム。
身体だけでなく、頭皮にも使える優れもの。
メンズ用ですが、女性にもおすすめです!

 

 

 

 

その4: 汗をかく

普段から汗がきちんと汗腺から排泄されていないと、汗腺が詰まりやすくなってしまいます。

そうなると、濃度が高くなり、どろっとしたニオイの強い汗が出るようになります。
この粘着質な汗は、皮膚の上で固まりやすく、汗腺を詰まらせる原因となり、さらにニオイが強くなるのです。

 

そのような負のループを防ぐためにも、普段からこまめに汗を出すようにしましょう。
日常生活にウォーキングを取り入れたり、入浴で汗を出す習慣をつけたり、汗をだすことができるような環境づくりを取り入れましょう。

 

運動や半身浴、ヨガなど、ストレスの緩和につながるものを取り入れるのもおすすめです。
ストレスは汗のニオイを強くする要因の一つなので、自分なりのリラックス方法を取り入れて、ストレスの緩和にもつなげましょう。

 

 

 

その5: 食生活を見直す

細菌では食生活の欧米化により、ニオイが強い人だけでなく、生活習慣病などの病気も引き起こすという問題が生じていますよね。

 

食生活の見直しは汗トラブルだけでなく、健康にも繋がる重要な課題だと言えます。
揚げ物や塩気の強いものは汗の濃度を高めるためドロドロになります。
甘いスウィーツはアポクリン腺を発達させてしまうため、ニオイを強くする原因になります。

 

他にも、ニラやニンニクなどニオイが強い食べ物あ、アルコールやたばこ、コーヒーなども汗のニオイを強くする原因となってしまいます。

 

揚げ物や塩気の強い食事を控える、甘いスウィーツを砂糖を使ってないものにする、など、ちょっとした工夫で毎日の食生活を改善してみてください。

 

 

逆に、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを多く含む野菜はニオイが強い汗を抑えるのに効果的です。
にんじんや唐辛子、ホウレン草、ブロッコリー、レモン、いちご、カボチャ、モロヘイヤなど、積極的に摂取しましょう。

 

 

さいごに

汗&ニオイを改善する方法をご紹介しました。
夏を快適に、ストレスフリーで過ごすために、上記のポイントを気にしてみてくださいね♪

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。