夏のメイク崩れはこうやって防ごう♪ポイントを抑えたスキンケア&メイク術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏は汗がたくさん出てベタベタしがちですが、肌の内部やエアコンや紫外線によって乾燥が進みやすい季節でもあります。
水分を十分に肌にいきわたらせることで、肌の乾燥も防げますし、肌も日焼けしにくくなります。
今回は夏のメイク崩れを防ぐためのポイントを抑えたスキンケアとメイク術をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

朝のスキンケアは十分な保水を

朝のスキンケアで重要なポイント。

たっぷり保水&時間を置くこと!

朝の洗顔後は、手のひらで優しく化粧水を肌に押し込みます。
その後、乳液で蓋をしてメイクスタート!ですが、すぐにメイクを始めるのではなく、少し時間を置く、というのが大切なポイント。

 

メイク前にスキンケア浸透の時間を置いてあげることで、保湿成分がしっかりと浸透し、メイクの崩れやベタベタを防ぐことができるんです。

 

さらにもう一つ、ベタベタお化粧崩れを防ぐポイントは、メイク前の肌チェック
メイクする直前に肌を触ってみてください。
ベタベタする部分があれば清潔なスポンジで優しく油分をオフし、逆に乾燥している部分には保湿系のアイテムをプラスします。

 

こうすることでメイクの密着度が高まり、お化粧が崩れにくくなるのです。

 

朝のスキンケアにオススメ ディオールソルベエッセンス

シャーベットのような美容液です。
肌の潤いサイクルを高める植物成分や、肌をクリアに導いてくれるAHAなどが配合。
朝のメイク前のほてりをひんやりと落ち着かせてくれます♪

 

 

 

 

 

日中のお化粧直しでアフターファイブも美しく!

日中のメイク直しもポイント抑えておくことで、アフターファイブを美しく保てます。
一度どろどろに崩れてしまうと、思い切ってメイクオフしてしまうのが手っ取り早いのですが、崩れる前のタイミングでお直ししておくことで綺麗なメイクをキープできるんです。

 

ここで一番大切なのは、油分のオフ&保湿 です。

 

ランチの前に、ティッシュを顔に当てて優しく油分をオフ。
鼻がテカリやすい方はティッシュの上から鼻を優しくつまんで皮脂を取っておきましょう。

 

その際、肌が乾燥してヨレているようなら、保湿とお直しができるコンシーラーでササっと修正。

 

 

 

ランチの後や、15時のおやつの後は、ミスト状化粧水で肌を保湿。
ミスト状化粧水を使う場合は、顔から離して使いましょう。
そうすることで顔の保湿がまんべんなくできます♪

 

おすすめのミスト状化粧水に関しては、以前の記事「夏の必需品!ミスト状化粧水を上手に使おう」でご紹介しています。

 

 

 

夜は翌日の肌作りを

まず、帰ったらすぐにメイクオフ!これはとっても大切なポイントです。
汗ばんだ肌を放置することで肌がアルカリ性に傾いてしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。

なので、帰ったら、まずはメイクを落とし、オールインワンタイプのコスメで保湿をしておきましょう。

 

その後、ゆっくりと入浴が終わったら、丁寧なスキンケアを。
日を浴びてしまった日、肌の乾燥を感じる日には、シートタイプのフェイスマスクでケアをするか、化粧水をたっぷりい含ませたコットンでパックがおすすめ。

また、日焼けや体の冷えで肌がくすんでしまっている場合は簡単なマッサージがおすすめ。
耳の後ろから首筋にかけて、さらに顔全体や目の周りなど優しくマッサージすることで、顔色がパッと明るくなります。
オイルやマッサージジェルを使って行うと効果的です。

 

 

 

さいごに

いかがでしたか?
夏のベタっとしたメイク崩れを防ぐための、スキンケアポイントについてご紹介しました。
とっても簡単で、すぐに取り入れられる内容となっているので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。