食べて嬉しい!間食におすすめのチョコレートの効能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

普段何気なく食べているチョコレート。
疲れた時に食べると、効果的なことをご存知でしょうか?

無性にチョコレートが食べたくなるのには、理由があるのです。

「ちょっと一息つきたいな…」そいういときは、チョコレートを食べるといいでしょう。
他にも、嬉しい効能があるチョコレートについてご紹介します。

スポンサードリンク

チョコレートの含む栄養

  • カフェイン
  • ビタミン
  • テオブロミン

これらの成分が、精神的に落ち着かせてくれる作用があります。精神が落ち着くことで、

不安や緊張感が和らげられ、精神的疲労を回復してくれるのです。

 

最近注目されている高カカオチョコレート

特に最近では、高カカオチョコレートというものが、様々なお菓子メーカーから販売されています。

これはカカオ成分が70%以上含まれるチョコレートで、通常のチョコレートよりもカカオ成分が高く

苦味が強いのが特徴です。そのため、チョコレートの効能も高いと言えるでしょう。

 

チョコレートを食べたくなる理由

マグネシウム不足

チョコレートにはマグネシウムが多く含まれていることにより、

チョコレートを食べたくなることがあります。特に、生理前に食べたくなることが多いようですが、

たくさん食べるのは、副腎を傷めてしまうため、危険と言われています。

 

セロトニン不足

幸せホルモンであるセロトニンが不足する時に、チョコレートが欲しくなります。

セロトニンは、満足感、幸福感を感じさせるホルモンであるため、

これが不足すると、うつになったり、PMSになったり、不眠になったりなど様々な不快な症状を引き起こします。

特に高カカオのチョコレートを食べることで、疲労感がとれ、セロトニンの量が増えることがわかっています。

 

チョコレートの効能

集中力を高める

チョコレートの甘い香りは、集中力や記憶力を高めることが最近の研究で明らかになっています。

 

疲労を回復させる

テオブロミンという成分が、神経を鎮静させる作用があり、リラックス効果があります。

そのため精神的疲労を回復させてくれます。

 

糖尿病のリスク減

チョコレートには、インスリン抵抗性、酸化ストレス、炎症に対する予防効果があるということが、

最近の研究でわかっています。そのため、血糖値が下げづらくなることを防いでくれるのです。

 

アンチエイジング効果

チョコレートには、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。

この成分が活性酸素の働きを抑えることで、皮膚の老化を抑え、その結果アンチエイジングに繋がるのです。

 

チョコレートの注意点

チョコレートは様々な作用が期待できますが、食べ過ぎはよくありません。

長期的に食べ過ぎてしまうと、ホルモンを作る副腎を痛めてしまうことがあります。

1日の摂取量は、25g程度と言われています。

高カカオチョコレートの場合は、1枚程度が理想的です。

適度な量を心がけましょう。

特に高カカオチョコレートにはカフェインが多く含まれますので、妊娠中の方は避けた方がいいでしょう。

また、PMSの方も月経前の食べ過ぎに注意しましょう。

 

最後に

いかがでしたか?チョコレートの効能についてご紹介しました。

仕事で一息入れたい時、ちょっと疲れたなというときは、チョコレートを取り入れるのがおすすめです。

おすすめ商品

以下の商品は、先ほど紹介した高カカオチョコレートです。
ぜひ、チェックして見てください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中のアラサーです。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。