美肌やダイエットに効果的!もずくの栄養と効能♪美味しいレシピもご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もずくといえば、日本食の朝食にも出てきますね。
特にもずく酢として食べることが多いと思います。
もずくは何気なく食べますが、実は嬉しい効能があります。
またおすすめの食べ方として、もずく酢だけでなくもずくスープや、天ぷらなど美味しい食べ方が様々あります。

今回は、そんなもずくについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

もずくの栄養

ビタミンの含有量は少なめですが、フコイダンやアルギン酸などの食物繊維が豊富です。

カロリー

100gあたり6kcalと低カロリーです(ごはん茶碗1杯が240kcal)。

調味料などを加えることで、カロリーが増え、1食あたり30〜40kcalとなるとされます。

 

もずくの効能

腸内環境改善

もずくの食物繊維が善玉菌の餌となり、腸の活動を正常に整えてくれるため、腸内環境を整える効果があります。

胃腸の調子が悪い方は、もずくを食べる習慣をつけると良いでしょう。

 

保湿・美肌効果・美髪効果

フコイダンやアルギン酸は、水分を保持する力が高いため、肌の潤いを保ってくれます。

またミネラル類の働きにより、白髪の改善や髪を美しく保つ効果もあります。

ダイエット効果

もずくは低カロリーで、食物繊維のフコイダンを豊富に含んでいるため

腸内で膨らみ、食べ過ぎを防止してくれます。

 

生活習慣病やがんの予防、高血圧予防

フコイダンには糖質の吸収を緩和し、血糖値の上昇を防ぐ効果があります。

そのため生活習慣病の予防が期待できます。

またフコイダンはコレステロール値を下げる力があるので、高血圧や動脈硬化の予防となります。

食物繊維で腸内環境が整えられ、免疫力が上がることで、がんを予防できます。

 

免疫力アップ

食物繊維のフコイダンやアルギン酸が、腸内の粘膜を保護し、善玉菌の餌となってくれます。

そのため腸内環境を整うので、免疫力向上に繋がります。

 

もずくのレシピ

もずくの味噌汁

材料(2〜3人分)

生もずく…100g

だし汁(水+だしの素でOK)…400cc

味噌…適量

作り方

1.もずくはザルに入れて、水で綺麗に洗って、水切りしておきます。

2.鍋にだし汁を煮立たせ、もずくを入れて沸騰したら火を弱めます。

3.味噌を溶き入れ沸騰直前に火を止めます。

4.椀に盛り、お好みで小口切りのネギや唐辛子をかけていただきます。

 

和風テイストのもずくスープ

材料(2〜3人分)

生もずく…100g
だし汁(水+だしの素でOK)…300~400cc
醤油…適量
みりん…適量
塩…適量
万能ネギ…お好みで
しそ…
ミョウガ…お好みで
梅干し…お好みで

作り方

1. もずくを洗います。
2. 鍋にだし汁と1のもずくを入れて、味を見ながらみりんと醤油、塩を加え、煮立たせます。
3. 煮立って出来上がったら、お好みの薬味を入れて完成です。

 

もずくの卵とじ

材料

生もずく…100g
ごま油…大さじ1
卵…2個
●砂糖…大さじ1
●醤油…大さじ1
●酒…大さじ1/2
●みりん…大さじ1/2

作り方

1.もずくはざるで洗い水切りし、食べやすい長さにカットします。卵は解きほぐしておきます。
2.フライパンを熱し、ごま油を入れ、中火でもずくを炒めます。●の材料を入れて2〜3分煮詰めます。
3.強火にして溶き卵を流し入れます。ハシで混ぜながらふんわりと仕上げます。

 

もずくの天ぷら

材料

生もずく…200g
●玉ねぎ…中1個
●大葉…10枚
●卵…1個
●塩…ひとつまみ
●粉末かつおだし…大さじ1
薄力粉…150g

作り方

1.生もずくをザルに入れ水洗いします。よく水を切ります。
2.しそは千切り、玉ねぎはみじん切りにします。
3.もずくは3センチくらいにカットします。
4.切ったもずくに●を全部入れます。
5.薄力粉を4に少しずつ入れて混ぜていきます。
6.油を170度〜180度に温め、5をスプーンかおたまですくい油の入った鍋に入れ、きつね色になるまで揚げましょう。

 

 

もずくの冷奴

材料

豆腐…1/2丁
生もずく…70g
小口切りのねぎ…適量
めんつゆ…小さじ2
白だし…小さじ1

 

作り方

1.もずくに白だしとめんつゆを混ぜます
2.豆腐に1をかけ、ねぎをかけたら出来上がりです。
 
※生もずくは、スーパーや魚屋さんなどで売ってあります。

参考:cookpad

 

おすすめのもずくの摂り方

ダイエットとして食べる場合は、食事の前に摂るのがおすすめです。
何故ならば、豊富な食物繊維が膨張して満腹感が出るためです。食べ過ぎを予防してくれます。

おすすめの摂取量

1日多くても1〜2パックまで、それ以上食べると過剰摂取につながります。
毎日少しずつ食べるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?もずくの効能とレシピをご紹介しました。
ぜひ参考にされてください。

 

おすすめもずくセット

スーパーで買う100円前後のもずくは、どうしても生臭さがあったりなどで食べにくい場合があります。

本場沖縄の生もずくセットは新鮮でおすすめです。量が多すぎるという方は、冷凍保存も可能です。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。