必見!寝ても疲れが取れない原因と対策法。睡眠の質を上げるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

たくさん寝たはずなのに
朝起きてもなんとなく体が疲れている…そんなことはありませんか?
せっかくの朝に気持ちよく起きれなかったら
ちょっと残念ですよね。
眠れないのは、睡眠の質が関係しています。
今回は、その原因と対策法をご紹介します。

睡眠の質を整えましょう

睡眠の質を整えるには、
様々なことを整える必要があります。

こんなことはありませんか?

  • 長い時間寝ていても疲れが取れない
  • 朝から体が重たい、肩が凝っている
  • 体がガチガチに固くなっている
  • 疲れるようなことをしていないのに、体が重たい

 

 

睡眠の質が落ちる原因

自律神経の乱れ

精神的・肉体的ストレスが多いと、交感神経ばかり働いてしまい、副交感神経が働けなくなります。

心身にストレスがかかると、自律神経が乱れ

体が固くこわばります。そのため、寝るときもリラックスして寝ることができません。

※副交感神経というのは、リラックスしている時に働く神経のことです。

 

眠る前にスマホやパソコンの操作をしている

スマホやパソコンから発されるブルーライトが原因で、

体内時計に悪い影響を与えてしまいます。

ブルーライトを浴びると、体は寝る時間だと認識しなくなってしまうのです。

いわゆる眠たくなる睡眠ホルモン「メラトニン」が不足した状態になり、

ベッドに入っても、目がパッチリと冴え、眠れない状況に陥ります。

 

 

食生活が乱れている

食生活が乱れてしまうと、消化のために体のエネルギーを消耗してしまうため、

体を休めることができません。

 

眠っても疲れが取れない体の対策法

お風呂で半身浴をする

お風呂には40度程度の少しぬるめのお湯に浸かるといいでしょう。

ぬるめのお風呂は、副交感神経が働いて首や肩の緊張を解きほぐしてくれます。

 

スマホやパソコンなどを寝る前に見ない

ブルーライトが発光するスマホやパソコンは、9時以降はできるだけ見ないようにしましょう。

 

眠る前に難しい考え事などをせず、クラシック音楽などを聞いてリラックスを

クラシック音楽を聴くと、「1/fゆらぎ」というヒーリング効果を人間の体に与えます。

このゆらぎ効果で、人間の体は眠たくなり、ぐっすりと眠ることができます。

※1/fゆらぎは、クラッシック音楽だけでなく、小鳥のさえずりや波の音にも潜んでいます。

 

ストレッチや筋トレなど適度な運動をする。休日の過ごし方の見直しを

寝る前や休日も体を動かしましょう。休日など休みの時にだらだらと過ごしていると、

休み明けが辛くなってしまいます。休みの時でも、ぐっすり眠れる程度に

体を動かす方が気持ちよく眠れるでしょう。

 

トリプトファンを摂る

良い睡眠のための食事としては、トリプトファンを摂るのがおすすめです。

トリプトファンを多く含む食べ物
  • 牛乳
  • バナナ
  • アーモンド
  • 豆乳
  • プロセスチーズ
  • ヨーグルト
  • 赤身魚

 

ハーブティーを飲む

眠る前に心身がリラックスする飲み物を飲むといいでしょう。カモミールティーやラベンダーティーなど

のハーブティーが心を落ちつけてくれるでしょう。

カモミールジャーマン商品ページ ラベンダー商品ページ

 

最後に

いかがでしたか?
寝ても疲れが取れない原因と対策法をご紹介しました。
ぜひ、参考にされていください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。