肌トラブル別、コントロールカラーの使い方と選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お化粧で「ベースメイクに一番力を入れている」という人、多いのではないでしょうか?
ニキビ痕やくすみ、クマなど、多少のトラブルがあっても、ベースメイクでカバーできると嬉しくなりますよね。
そこで活躍してくれるのがコントロールカラー。
ピンクや黄色、ブルー、グリーン、パープルなど色々な色がありますが、それぞれをトラブル別に使い分けることで、ベースメイクの仕上がりが格段にアップします。
ここでは、そんなコントロールカラーについてご紹介しています。

 

 

スポンサードリンク

 

コントロールカラーとは?

コントロールカラーは、色の補正を目的に使われるアイテムで化粧下地の一つです。
コントロールカラーを使用することでくすみや目元のクマ、赤みなどの顔の色ムラを目立たなくすることができるんです。
商品によって異なりますが、使い方は主に化粧下地の後、ファンデーションの前となっています。

 

様々なカラーがありますが、それぞれ目的や解消できるトラブルが異なります。
今回はカラー別コントロールカラーの目的と解消できるトラブルをご紹介していきますね。
ベースメイクの完成度を高めたい皆さん、要チェックです!

 

 

カラー別コントロールカラーの目的・解消できるトラブル

では早速コントロールカラーの色別に、その目的や解消できるトラブルをご紹介していきますね。

 

ピンクは血色アップ

ピンクのコントロールカラーはお肌の血色を良く、いきいきと見せてくれる色。
ちょっと色が合わないな、というファンデーションに混ぜてみると肌馴染みが良くなることもあります。

 

ブルーは透明感アップ

ブルーのコントロールカラーは肌の赤みを消して透明感をアップさせてくれる色。
色白さんで肌の赤みが気になっている人は部分的にブルーのコントロールカラーを使うと良いです。

 

グリーンはニキビ隠しに最適

グリーンのコントロールカラーはニキビの強い赤みを消してくれる色。
赤く腫れたニキビを隠したいときや、小鼻の赤みを消したいときはグリーンを使いましょう。
顔全体に塗ると白くなりすぎるので注意が必要です。

 

イエローは肌の色ムラを均一に

イエローのコントロールカラーはくすみや赤みなど肌の色ムラを補正し、均一にしてくれる色。
肌がくすみやすい人にオススメですが、肌が多少黄みがかってしまうので注意が必要。
黄みを出さずにくすみを消したい!という方はパープルを試してみて。

 

パープルはくすみをオフ

パープルのコントロールカラーは肌のくすみをリセットし、透明感のある肌に仕上げてくれる色です。
小鼻の黒ぐすみにも部分的に使うことで、透明感のある肌に補正してくれます。
顔全体に塗る際は少しずつ薄く付けていくのがポイントです。

 

 パールホワイトはハイライト効果も

パールホワイトのコントロールカラーは肌にツヤ、メリハリを与えてくれる色。
頬やCゾーン、Tゾーンに塗ることで、ハイライト効果もあります。
また、ちょっとマットなファンデーションと混ぜて使用すると、ツヤ感のあるファンデーションへ早代わり。

 

 

コントロールカラーの使い方

コントロールカラーは、ツヤを出したい部分にパールホワイト、赤みを消したい部分にブルーやグリーン、くすみを消したい部分にパープルなど、トラブルごとに部分的に使用するのが理想的です。
コントロールカラーを使用する際は、一度手の甲にとってから中指と薬指の腹部分につけ、少量ずつ顔に伸ばしていくようにしましょう。
また、ファンデーションとの相性や、肌の色と合う・合わないがあるので、購入する際にはサンプルやテスターで一度試してみるのが理想です。
また、肌の色やトラブルは体調によって変わってくるもの。
そのためにも1色ではなく、いくつかの色を持っておくとアレンジが利きますよ。

 

おすすめのコントロールカラー

 

 

 

 

さいごに

ベースメイクが綺麗に仕上がれば、メイクの上級者!
コントロールカラーはその仕上がりを左右する重要なポイントとなるアイテムですので、ぜひ自分のトラブルを解消できる色のコントロールカラーを見つけてくださいね。

momo
コスメ・文房具・美容系・アクセサリー・食べ物・旅行・映画に興味があります♪
色々な情報をご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。