肌が綺麗に見える!ピンクの下地で美肌メイク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肌が綺麗に見せることができるかどうかは、ベースメイクにあり!
年齢を重ねるにつれて気になる、くすみや血色の悪さ、ハリの無さなどは、全部まとめてピンク色の下地でカバーしちゃいましょう!
ここでは、美肌に見えるベースメイク術をご紹介していきますっ!

スポンサードリンク

肌が老けて見える?!その原因は?

まじまじと鏡で自分の顔を見たときに「老けたな~」と思うことってありますよね。
私も、昔はもっと内側から弾けるような、プリンっ!とした肌だったのに・・・と思うことが多々あります。
メイクしたての朝はまだしも、夕方の疲れた顔を見ると、その老け込んだ顔に愕然とすることも。

 

この「老けた」と感じる最大の原因はくすみです。
くすみを引き起こす原因は様々ですが、主に以下のような原因が挙げられます。

  • 紫外線
  • タバコ
  • 乾燥
  • 毛穴
  • 血行不良
  • 汚れ
  • 老化

これらの要因はくすみだけでなく、肌のたるみやシミ、ソバカス、シワなどができる原因にもなります。

 

くすみには、美白系のスキンケアが一番!
なのですが、中々すぐには効果が出ません。長くケアし続けることが大事なんです。

 

でも、せめてメイクをしている間だけでも、若い頃のようなイキイキ・プリプリとした肌になりたい!という方にかなりオススメなベースメイクアイテムがあります。
それが肌を綺麗に見せてくれる「ピンク色」の下地なんです。

 

 

なぜピンク色の下地で肌が綺麗に見えるのか?

現在、様々なブランドで展開されている化粧下地ですが、ベージュ、ホワイト、イエロー、パープル、グリーン、そしてピンクなど実に様々なカラーが出ています。
このカラーバリエーションは、昔はコントロールカラーで補っていましたが、最近では化粧下地に色がついているものが多いんですね。

 

以前ご紹介したことがありますが、コントロールカラーの色はそれぞれ効果が異なります。
(詳しい説明は「 肌トラブル別、コントロールカラーの使い方と選び方」の記事をご参照くださいませ。)

そして、肝心のピンク色には「血色アップ」の効果があるんです!

 

つまりこれはどういうことかと言うと、血色をアップさせて明るくすることで年齢を重ねるにつれて生じる「くすみ」を払拭することができるんです。
しかも、透明感をアップさせ、柔らかそうな肌に見せてくれる効果も。

 

 

おすすめ!ピンク色の化粧下地

私が自信を持っておすすめする、使いやすいピンク色の化粧下地をご紹介します!

 

geran

ペルル ブラン UV ベース ピンク

なめらかで明るい真珠肌へと仕上げてくれる、人気の化粧下地です。
伸びがよく、毛穴カバー効果にも優れています。

 

 

rmk
RMK クリーミィ ポリッシュト ベース EX-01

毛穴をしっかりカバーしてくれるタイプのピンク化粧下地。
伸びがよく、肌に潤いも与えてくれます。

 

 

givenchy

GIVENCHY アクティマイン #2アクティ・ストロベリー

独自のクロノ・エナジー複合体が肌にミネラルを補いながら血色をアップさせてくれます。
くすみが強いと感じる人におすすめです。

 

 

dior

ディオール スノーUVベース 35 (クリスタルローズ

紫外線から肌を守りながら血色をアップしてくれる化粧下地。
保湿力が高いので、乾燥が気になる方にオススメです。

 

 

 

肌が綺麗に見えるベースメイク術のまとめ

では早速、ピンク色の下地を取り入れた「美肌に見えベースメイク術」をご紹介していきたいと思います。

 

1:化粧水でしっかり肌を保湿する
キメが整っていると、化粧も崩れにくく、日焼けもしにくくなります。

 

2:日焼け止め乳液を塗る。
季節を問わず、日焼け止めは必需品!

 

3:ピンク色の化粧下地を塗る。
ムラにならないよう、面積の広いおでこ、頬から塗り始めます。薄く薄く。

 

4:くすみが強い人は、もう一度顔全体にピンク下地を薄く重ねる。
首にも伸ばして顔と首のトーンを揃えること。

 

5:リキッドファンデーション又はパウダーファンデーションを重ねる。
シワが寄りやすい目元はごくごく薄く!

 

6:ルースパウダーを重ねる。
こちらも目元は薄く重ねます。首にもパタパタしておきましょう。

 

7:シェーディングパウダーをいれる。
こめかみに入れると老けて見えるので、こめかみには重ねないこと。

 

8:チークを入れる。
チークは2色以上使うと、自然と肌になじみます。肌色がよく見えるものを選んで。

 

9:ハイライトを入れる。
目の下、チークの一番高い部分、鼻筋などにハイライトを入れて、メリハリをつけます。

 

10:ベースメイク完成♪

 

以上でベースメイクは完成です。
シェーディングやハイライトは、自分の顔の色にあったものを選びましょう。
おすすめは、IPSAが展開する「フェイスカラーパレット」。
ipsa

肌の色合いをもとに計算して配色されたフェイスカラーパレットで、チーク、ハイライト、シェーディングなどがセットされています。
それぞれの肌に馴染む色がピックアップされているので、色選びで失敗がありません。
>>イプサのフェイスカラーパレットを見る (楽天)

さいごに

いかがでしたか?
自分の顔が老けてきた気がする・・・と気になるかたは、化粧下地の色をピンクにチェンジしてみてください!
肌の内側から透けるようなピンク下地で、ハリのある透明美肌を取り戻しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。