簡単!ちょっとした工夫で免疫力を高めて健康で美肌になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさん、免疫力、高めていますか?

免疫力って、美容や健康に関係していそう…そんなイメージはあるものの、実際どんなことをしたら高まるかよくわからない、そんな方もいるのではないでしょうか。

でも実は、毎日ちょっとした工夫で免疫力を上げることができます。

今回は、免疫力を高めて健康で美肌になる方法をご紹介します。

 

 

免疫力とは?

免疫力とは、病気を免れる力のこと。

免疫力が下がると、外敵と戦う力が弱まるため、風邪や病気にかかりやすくなり、アレルギーも悪化します。それだけでなく、内蔵の働きも低下して便秘やむくみ、肥満の原因にもなってしまいます。さらにニキビや乾燥など、肌トラブルを起こしやすくします。

 

 

 

免疫力を下げてしまう要因

 

低体温

理想的な体温は36.8度ですが、最近は運動不足や生活習慣の変化で35度台のの人も増えています。すると、血行が悪くなって、運ばれる白血球の数が減って免疫力が低下してしまいます。体温が1度下がると、免疫力は約30%低下してしまうと言われています。

 

加齢

免疫力は加齢とともに下がってしまいます。20代をピークに下がります。

 

ストレス

「病は気から」と言われますが、心が弱っていると体も弱ってしまう、つまり免疫力が低下してしまいます。気分が落ち込んだり、ストレスを感じたりすると、自律神経のバランスが崩れ、神経系の細胞が免疫系の働きを抑える物質を放出します。そのため、病原菌やウィルスに抵抗する力が弱くなり、病気にかかりやすくなります。

 

食べ過ぎ

食べ過ぎると、栄養過多によって血液が汚れてしまい、それをキレイにするために白血球が使われるため、異物やウィルスの退治がおろそかになってしまいます。

 

こちらの記事でも、免疫低下の原因を挙げています。

健康で若々しくいるために!免疫力を高める方法

 

 

免疫を高める方法

免疫を高めるポイントは、「食」「温め」「腸」の3つ。

 

「食」:食べること

上記の原因でも述べましたが、食べ過ぎると、栄養過多によって血液が汚れてしまい、それをキレイにするために白血球が使われるため、異物やウィルスの退治があまりできなくなってしまいます。食べる量を減らしつつ、食べるものを見直すと良いでしょう。

 

ショウガを食べて体温を上げる

体を温めてくれる働きのあるショウガ。ショウガを薄切りにしてオーブンで蒸し焼きにするとぱりぱりになって、ショウガに含まれる「ショウガオール」という健康成分が10倍になります。

ショウガの効能についてはこちら

体の芯からポカポカに!効果抜群の「炒り生姜」ドリンク

葉野菜よりも色の濃い野菜を食べよう

東洋医学では、体を温める“陽性”と体を冷やす“陰性”に分けて考えられています。陽性の野菜はニンジン、ブロッコリー、トマトなど色の濃いものです。北方産や根菜類など土に向かって生えるものも陽性です。

carrots

 

「温め」:体を温める

体温から1度アップすると、免疫力は30%もアップすると言われています。とくに一番手っ取り早いのは、お腹を温めること。お腹には胃腸、肝臓、胆のう、腎臓、膵臓といった臓器、冷えが禁物の子宮や卵巣などがあります。それだけのたくさんの臓器に栄養を運んで老廃物を取り去る必要があるため、お腹は血流が頻繁に行われる場所です。

 

腹巻きをする

お腹に手を当て、温かいなら免疫が高く、臓器が働いている証拠です。そうなるためにも腹巻きをしましょう。

オススメ夏用腹巻

haramaki

http://www.kakazon.com/item/asin/B0068WOEYM.html

 

オフィスではレッグウォーマーや膝掛けで下半身を温かくする

下半身は、水分が溜まりやすく、冷えやすい部分です。残暑が厳しい季節でも、室内はエアコンで冷えています。オフィスには膝掛けやレッグウォーマーを常備しておきましょう。

legwarmer

 

下半身を鍛えて汗をかける体にする

汗をかくということは、1度体温があがったいうこと。スクワットなどで下半身を鍛えれば、ちょっとしたウォーキングで汗をかきやすくなります。

 

水を飲み過ぎない

ダイエットのために1日2リットル水を飲むというのは、よくありません。汗をかかないオフィスなどで水分を多く摂ると、余分な水分が体内に溜まってしまいます。汗をかいたときは、体を温める塩も摂ると良いでしょう。

drinkwater

 

「腸」:腸のケア

私たちの体は毎日食事と一緒に多くの病原体やウィルスを取り込んでいます。そのウィルスから身を守るために発達したのが腸の免疫機能です。白血球の一種であるリンパ球という細胞は、体内でその70%が腸に集まっています。

 

1日1回乳酸菌を取り入れる

悪玉菌の繁殖を抑えて腸内の菌のバランスを整える役割のある乳酸菌。

ヨーグルト、キムチ、味噌などの乳酸菌を摂りましょう。

カスピ海ヨーグルト

腹式呼吸でストレスケア

ストレスを感じると便秘や下痢になるように腸と心は密接につながっています。ストレスをなくすことが難しいときは、腹式呼吸をすると良いでしょう。腹式呼吸を数回すると、副交感神経が優位になってストレスの緩和につながります。

 

温かい根菜を摂る

腸内環境には食物繊維も効果的ですが、葉野菜のサラダは体を冷やしてしまうためよくありません。陽性食材の大根のみそ汁や、根菜たっぷりのポトフ、線維豊富な豆を入れた炊き込みご飯など、温かい食材で繊維質を補うと良いでしょう。

vegesoup

 

最後に

いかがでしたか?免疫力を高める方法をご紹介しました。免疫を高めれば、美肌も健康も手に入れることができますよ。ぜひ挑戦してみてください!

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。