夏に向けて!体の中から紫外線をケアしてくれる食べ物とレシピ♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もうすぐ暑い夏がやってきますね。今回は、紫外線の強い夏に備えて、内側からできる紫外線対策についてご紹介します。

暑い日差しを受けると、その紫外線が原因で活性酸素が増え、肌に大きなダメージを与えてしまいます。そこで、そんな活性酸素に効果的なのが抗酸化ビタミン。体の内側から抗酸化物質を摂ることで、肌の劣化を防ぎます。それでは、解説していきます。

紫外線を受けてしまうと、活性酸素が発生して肌の老化の原因となってしまいます。

夏に抗酸化ビタミンを積極的に摂ることで、若々しい丈夫な肌をキープすることができます。

 

特にしっかり摂りたいビタミンは…

ビタミンC

・メラニン色素の合成を防いでくれる働きがあり、シミ、ソバカスを防ぎます。

・紫外線のダメージで壊されたコラーゲン細胞の生成を助けます

 

ビタミンA・E

・  ビタミンEは、メラニン色素のターンオーバーを促進させる働きがあり、皮膚の新陳代謝も早まり、肌のしみやシワを予防し、老化を防ぎます

・  ビタミンAはレチノールと呼ばれる脂溶性ビタミンで肌の老化や肝斑に効果があります。

 

 

ビタミンを摂取するときのポイント

ビタミンCの摂取目安は、1日100mg。余った分は排出されますので、100mgでOKです。

ビタミンCは、摂りだめができない水溶性です。最低1日2回以上のこまめな摂取で量を増やしましょう。

 

一日に摂りたい野菜は350g以上です。緑黄色野菜150g、淡色野菜200gです。果物は200gです。

 

ビタミンCの多い食材

  • 赤パプリカ…1/2個につきビタミンC 102mg
  • ブロッコリー…3房につき72mg
  • ピーマン…2個につき46mg
  • ゴーヤー…1/4本につき38mg
  •  豆苗…1/2袋につき37mg
  • カボチャ…75gにつき32mg
  • 京菜(水菜)…50gにつきC28mg
  • キウイ…1個につき59mg
  • グレープフルーツ…1/3個につき31mg
  • バレンシアオレンジ…1/2個につき26mg
  • パイナップル…100gにつき27mg

 

 

ビタミンA・Eの多い食材

 

  • にんじん
  • ニラ
  • チンゲン菜
  • ルッコラ
  • ウナギの蒲焼き
  • 牛乳

 

ビタミン摂取できるオススメレシピ

gazpacho

ガスパチョ

材料(2〜3人分)

ミニトマト…10個

赤パプリカ…1個

A(オリーブオイル大さじ2 レモン汁小さじ1) 塩小さじ2/3〜1

トッピング(キュウリ、セロリの角切り1/4本分) オリーブオイル少量

 

作り方
  1. パプリカは半分に切ってヘタと種をとり、乱切りにします。ヘタを取ったミニトマトと共にミキサーにいれる
  2. Aを加えて撹拌し、味を見ながら塩を入れて撹拌します。器に盛ってトッピングをのせ、オリーブオイルを回してかけて食べましょう。

※  冷たく冷やして食べるとさらに美味しくなります。

※  作り置きも可能で、冷蔵庫で2〜3日保存できます。

 

 

最後に

いかがでしたか?

今回ご紹介した食材とレシピを参考に、紫外線対策してみてはいかがでしょう?日差しの強い夏を楽しく迎えたいですね!

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。