体の芯からポカポカに!効果抜群の「炒り生姜」ドリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
生姜

今年の記録的な猛暑により、冷たいものの飲食が増えて、胃腸などの内蔵が冷えたままの人が多いそうです。胃腸を中心に内蔵が冷えると、体全体の機能が下がり、下痢やむくみ、体のだるさが抜けないなど、さまざまな悪影響を及ぼします。

からだがなんとなくだるい、手足が冷える、など10月になっても夏の疲れがなかなか抜けず、身体の不調が何となく続く…

そんなとき、身体を温めてくれる「炒り生姜」を使ったドリンクがおすすめ。

今回は、その効能とレシピをご紹介します。

「炒り生姜」の効能

生姜は「弱った体にもっとも良い食べ物」として専門家も認めているほど、薬効のパワーがあります。漢方の世界でも、「生姜なしには成り立たない」と言われるほど、医療用漢方に利用されています。滋養強壮などたくさんの効能があるとされています。

生姜の主成分は、ジンゲロールという辛味成分ですが、このジンゲロールを炒めて加熱させるとショウガオールとジンゲロンを発生させます。

ショウガオールは胃腸の壁を刺激して、血流を高めて深部の熱を作り出すため、冷え対策には加熱した炒り生姜がオススメです。

効果は以下の通りになっています。

成分名 ジンゲロール ショウガオール ジンゲロン
効果 免疫力を高める殺菌効果吐き気や鎮痛効果 カラダを温める血行促進効果 血行促進代謝の促進脂肪分解作用

 

生姜ドリンクレシピ

まず、生姜ドリンクに使用する「炒り生姜」の作り方をご紹介します。

炒り生姜の作り方

炒り生姜の作り方

 

 

1.生姜100gを水で良く洗い、キッチンペーパーで水を拭き取った後、皮ごとおろし金ですり下ろします。

2.テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めます。弱火にして生姜の水分が完全に蒸発するまで乾煎りします。

3.2が冷めたら少量ずつ小分けにして、食品保存用の小袋に分けて冷凍庫に保管します。(3ヶ月ほど保存ができます。)

 

生姜入りレモネード

レモネード

材料(1杯分)

水…200cc

炒り生姜…2g(小さじ1弱)

レモン汁…レモン1/4個分

ハチミツ…適量

 

作り方
  1. 水(ホットレモネードの場合はお湯)にレモンの絞り汁を加え、炒り生姜をトッピングします。
  2. ハチミツは好みで入れ、マドラーで混ぜます
  3. 生姜の繊維が気になる方はマドラーで混ぜた後、取り除きます

 

効果:レモンと生姜のセットは血流をアップさせる働きがあります。

朝の目覚めにオススメです。

 

生姜入り豆乳チャイ

チャイ

材料(1杯分)

水…100cc

紅茶葉…スプーン1杯

炒り生姜…2g(小さじ1弱)

豆乳…100〜200cc

ハチミツ…適量

お好みでシナモンパウダー…適量

 

作り方

  1. 紅茶葉と水を小鍋に入れます
  2. 水から紅茶葉を煮出して、沸騰したところで炒り生姜、豆乳、ハチミツを入れ、再沸騰させます。
  3. 1分ほど蒸らして、茶こしを通し、器に注ぐ。好みでシナモンパウダーを加えます。

 

効果:イソフラボンたっぷりの豆乳でチャイをいただくと、ぐっすり眠れます。

 

最後に

いかがでしたか。夏の疲れがなかなか取れずだるいという方は、炒り生姜ドリンクで身体を温めてみてはどうでしょう。身体の芯から温まって、快適な秋を過ごしましょう。

 

参考:朝日新聞 2013年10月8日 Bon Marche

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。