ヘルシーでおいしい!カスピ海ヨーグルトの効能と作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カスピ海ヨーグルト

自家製ヨーグルトの代表とも言えるカスピ海ヨーグルト。

このカスピ海ヨーグルトの効能、知っていますか?

実は、食べ続けると花粉症を治してしまうなど、体にうれしい効能ばかりですよ。

しかもカスピ海ヨーグルトを一度作ってしまえば、ヨーグルトの種(種菌)は植え継いで使えるので、とても経済的です。

そんなカスピ海ヨーグルトの効能や作り方についてご紹介します。

 

カスピ海ヨーグルトとは?

カスピ海ヨーグルトは、独特な粘り気が特徴的なヨーグルトです。普通のヨーグルトと比べて酸味が少なく、食べやすいものとなっています。

このヨーグルトは、カスピ海とヨーロッパ東部の黒海に囲まれた「コーカサス地方」から生まれました。この地域は、長寿地域として知られています。その秘密がカスピ海ヨーグルトによるものだと言われています。

京都大学の家森幸男名誉教授がこの地域から研究のために日本に持ち帰ったことで広まったと言われています。

 

カスピ海ヨーグルトは、クレモリス菌FC株という乳酸菌から作られています。この菌は、乳製品に含まれる乳製球菌の中では、唯一生きたまま大腸まで届くことが明らかにされたプロバイオティクス乳酸菌の一つです。

 

カスピ海ヨーグルトの効能

・整腸作用や腸内環境を改善

・アレルギーやアトピー性皮膚炎を改善する

・インフルエンザを予防する

・発がん物質などの有害物質を吸着して排出する

・免疫器官を刺激して、ウィルスなどに対抗する抵抗力を高める

・コレステロールの吸収や合成を抑えて血中コレステロールを下げる

※発がん物質やコレステロールは、このヨーグルトの粘り成分にくっつき排出されます。

その結果、アンチエイジングへつながります。

 

カスピ海ヨーグルトの作り方

カスピ海ヨーグルトは、牛乳と種からできます。一度カスピ海ヨーグルトを作ってしまえば、種菌を買うことなく、カスピ海ヨーグルトそのものを植えついで作ることができます。

カスピ海ヨーグルト種菌

カスピ海ヨーグルトの種菌の購入はこちら。

http://www.kakazon.com/item/asin/B00273FQVQ.html

 

準備するもの

牛乳パック…500ml

種菌…粉末種菌1包(2回目以降は、カスピ海ヨーグルト50mlほど)

容器…熱湯消毒した蓋のある容器

スプーン

 

作り方

1.牛乳500mlと粉末種菌1包(3g)を熱湯消毒した容器に入れ、よく混ぜて蓋をします。

2.約1〜2日待ちます。そうするとカスピ海ヨーグルトの出来上がりです。

※夏場は常温で、冬場は暖房器具やポットの近くにおいておくといいでしょう。

 

カスピ海ヨーグルトの効果的な食べ方

・カスピ海ヨーグルトを健康のために食べるのであれば、

一日朝晩100ml〜200mlくらいを摂りましょう。

・食べるタイミングは、食後がオススメです。

いろいろな食べ物を食べて胃酸を中和した状態の方が、

乳酸菌は生きたまま腸に運ばれるためです。

 

最後に

いかがでしたか?カスピ海ヨーグルトは、美味しいだけでなく、簡単に作れてとても経済的です。

体質改善したい方は、ぜひ朝晩食べてみましょう。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。