医者いらず!美白&健康を目指せる、にんじんジュースの効果とレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

暑くなる季節といえども、室内は冷房や薄着、冷たい飲み物などで
体が冷えることはありませんか?体が冷えてしまうと
血行が悪くなり、肌に良くありません。
そんなときに、オススメなのがにんじんジュースです。
にんじんジュースは、冷え性だけでなく、
美肌や健康にも嬉しい飲み物なんです。
今回は、にんじんジュースの効果とレシピについてご紹介します。

にんじんの栄養素

にんじんには、βカロテンやビタミンA、食物繊維が含まれています。
βカロテンは、体内の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。臓器や肌の老化を防いでくれます。
ビタミンAは、皮膚の潤いをサポートしてくれる栄養素です。
食物繊維は腸内環境を改善してくれます。

そのほかにも、カルシウムや、カリウムなど栄養豊富です。

 

にんじんジュースの効果

デトックス効果

にんじんには、人間に必要なビタミンとミネラルが含まれているため、

内臓の働きが活発になり、排泄作用が高まるのです。

 

腸内細菌を育てる

にんじんには、ビフィズス菌因子というものが含まれています。

これは、腸内の善玉菌を代表するビフィズス菌を増やしてくれるビタミンのことです。

このビフィズス菌因子が腸内に入ると、ビフィズス菌が増えて、溜まった便を排出します。

 

体を温める(冷え性改善)

にんじんには、血液を増やして貧血を改善し、体を温める効果があります。

 

美白・美肌効果

にんじんに含まれるカロテンが、紫外線による肌の老化や、シミ・シワを防ぎ、美白を目指せます。

またビタミンAは、免疫力をアップしたり皮脂の分泌を正常にしてくれ

肌を保湿してくれるため、肌がモチモチになり透き通るようになります。

 

ガン予防

にんじんには、抗がん作用のあるβカロテンが多く含まれています。

そのため、ガン患者の食事療法ににんじんが取り入れられています。

 

デトックス効果アップ!にんじんりんごジュースの作り方

にんじんジュースにりんごを加えてより栄養価アップしたジュースです。

材料(一人分)

にんじん 1/3本
りんご 1/2個
水 150cc
はちみつ 大さじ1
塩 少々

作り方

材料を全てミキサーに入れて、撹拌します。

(りんごとにんじんは、よく洗い皮のまま入れてOK)

※りんごをプラスしたにんじんジュースは、にんじんの独特の臭みが消えて、
飲みやすくなります。またレモン汁を入れることで、ビタミンCを摂取することができます。

にんじんとりんごの栄養素がたっぷりと摂れるジュースです。

最後に

いかがでしたか?毎日、にんじんジュースを続けていると、
肌が透き通るように綺麗になり、目の充血も取れてきますよ。
気になる方はぜひ試してみてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。