体に嬉しい効果あり!ウコンの効能や美味しいレシピのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日とあるレストランで本格インドカレーをいただきましたが、

その時のご飯がターメリックライスでした。

見た目は黄色をしていて味はほとんどありませんが、

白米と違って、本場インドのカレーを食べているという気分になります。

そんなターメリックは、実はウコンの一種だそう。

ウコンと言えば、二日酔いに効果的なのは有名ですね。

そこで今回はウコン(ターメリック)について調べてみました。

ウコンとは?

ウコンは、ショウガ科の多年草の植物です。漢字で書くと「鬱金」。

原産地は、東インド地方です。

ショウガと同じように根っこの太い部分、根茎を食べることができます。

ウコンには、春ウコン、秋ウコン、紫ウコン、黒ウコンの4種類があります。

私たちがウコンと呼んでいるのは、秋ウコンと呼ばれるもの。

断面がオレンジ色をしていて、たくあんの着色料としても用いられます。

このウコンの黄色が、クルクミンという成分です。

このクルクミンが、肝臓の働きを助けたり、美肌に効果があったりします。

 

ターメリックとは?

ターメリックもウコンと同じショウガ科の多年草の植物で、

根茎を食べますが、こちらはカレーなどの料理で使われるスパイスを指すのが一般的です。

ウコンの英名をターメリックとも言います。

 

ウコンが健康食品であることに対して、ターメリックは調味料として扱われるという違いがあります。

 

ウコンの効能

消化機能促進

ウコンは、胃の働きを活発化させ、消化不良を改善する効果があります。

 

肝機能強化、二日酔いの防止

ウコンに含まれる「クルクミン」という成分が、二日酔いを抑えてくれます。

※ただし、肝機能障害を持っている方には、肝臓に鉄分が溜まりやすくなり

症状が悪化してしまうことがありますので注意しましょう。

 

美肌効果

ウコンに含まれるクルクミンは肌老化を防ぎ、保湿や毛穴に関する肌トラブルを改善します。

口元のたるみにも効果があります。

 

ダイエット効果

ウコンは、脂肪の増加を抑制したり、コレステロールを低下させる働きがあるため、ダイエット効果があります。

 

血流を改善する効果

ウコンは、抗酸化作用があるため、血中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。コレステロール値を下げて、血流を改善します。

 

食欲増進効果

ウコンは、胃の働きを活発にすることから、食欲を増進させる効果があるとされます。

 

最適なウコンの摂取方法

1日あたり1.5g〜3.0gが最適な量とされます。

お茶として飲む場合は、4.5〜9.0gが最適な量でしょう。

通常の食事として含まれる程度の量であれば、問題ありません。

過剰摂取や長期摂取をすることで、副作用の危険が出てきます。

 

ウコンのおすすめの摂り方

二日酔い防止のためには、お酒を飲む1時間前に

ウコンを摂取しましょう。

ウコンの成分クルクミンが肝臓を強化してくれます。

 

ウコンをターメリックライスでいただこう

376-rice

カレーの時は、ぜひターメリックライスにしましょう!

材料
  • お米…3合
  • ターメリックパウダー…小さじ1/2〜小さじ2
  • 氷(大さじ1の氷)…3個

 

作り方
  1. 炊飯器に、研いだお米と少し少なめの水加減にウコン(ターメリックパウダー)を入れ、色を均一にしましょう。
  2. 炊飯器に氷を入れ、通常の水加減に合わせ、普通のコースで炊き上げます。
  3. 炊き上がったら出来上がりです。

 

ウコンの注意点

妊娠中の方や、糖尿病治療中の方、胆汁肝障害、胆石を患っている方は、

副作用がありますので、摂取を避けた方がいいでしょう。

 

最後に

いかがでしたか?
二日用におすすめのウコンの効能をご紹介しました。
飲み会が続く方や、体の調子を整えたい方、美肌を目指したい方は
ぜひチェックしてみてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。