あなたの髪は大丈夫?髪のパサつきを防いで艶のある髪にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

なんだか最近、髪がパサパサしてきた…。もっと髪に艶が欲しい…。

そんな時は、髪のお手入れを見直してみてはいかがでしょう。

毎日の自宅でできるお手入れで、パサパサは解消できるんです。

今回は髪のパサパサの原因を説明し、

艶めく髪にする方法をご紹介します。

髪がパサパサになる原因

  • カラーやパーマなど繰り返し行う
  • ドライヤーを使わず自然乾燥している
  • トリートメントが不十分、または間違ったトリートメント方法
  • ヘアケアを怠っている
  • シャンプーが合わない

 

 

パサパサを防止して艶のある髪にする方法

シャンプー前にブラッシング

シャンプー前に髪の汚れを浮き上がれせておきましょう。

また、もつれたままシャンプーをすると

無理な力がかかり、髪ダメージの原因となります。

 

お湯だけで予洗いする

シャンプーをつける前に髪を十分に濡らし、

ぬるま湯だけで髪の汚れを落とすつもりで丁寧に1〜2分洗いましょう。

これだけで7〜8割の汚れが落ちます。

 

シャンプーを見直す。おすすめシャンプーは?

洗浄力の強いシャンプーは、地肌に負担を与えてしまいます。

おすすめシャンプーは以下の通りです。

 

アミノ酸系のシャンプー

髪に刺激を与えにくく、洗浄力もソフト。パサパサして乾燥が気になる髪におすすめです。

351-itikami

いち髪 濃密W保湿ケア シャンプー 530ml

アミノ酸系でノンシリコンシャンプーのいち髪。髪と地肌の両方に潤いを与え、髪の乾燥を防ぎます。

 

 

オイル系シャンプー

頭皮から潤いを与え、パサパサと潤いを失った髪をしっとりと落ち着かせ、乾燥から髪を守ります。

350-eruca

エルーカオイルシャンプー 500ml

艶のある、サラサラヘアを実現します。

シアバター由来の洗浄成分でしっかりと汚れを落とし、保湿もバッチリです。

 

しっかりとシャンプーを泡立てて洗う

シャンプーする際は、泡をしっかりと立てて、

泡で髪を洗いましょう。シャンプー原液が地肌につかないようにします。

さらに泡がたったら、頭皮の方にも付けていき、地肌をマッサージしながら洗います。

 

トリートメントは毛先に

トリートメントは毛先を中心につけましょう。地肌につけると毛穴のつまりの原因となります。

3〜5分ほどおいて、お湯で流しましょう。

 

 

髪の毛を洗ったら、すぐに乾かす。ヘアオイルも忘れずに。

髪の毛は、自然乾燥させず、タオルドライ&ドライヤーを使うことがポイントです。

その際は、髪の乾燥だけでなく、ドライヤーの熱から守ってくれるヘアオイルを忘れずに付けましょう。

おすすめヘアオイルのモロッカンオイルの記事はこちら↓

ふんわり艶のある髪にする、モロッカンオイルの効果と使い方

濡れたまま寝てしまうと、痛むだけでなく、匂いの原因にもなります。

洗ったらまずタオルドライをしておくといいでしょう。

その後、ヘアオイルを付け、ドライヤーで乾かしましょう。

 

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

髪のパサパサを防ぎ、艶のある髪にする方法をご紹介しました。

気になる方は、ぜひ試されてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。