夏の崩れないメイクはこうやって作る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

梅雨も明けて、さぁいよいよ夏のはじまり♪
気分もファッションも夏仕様に切り替えたという方も多いのではないでしょうか?
お仕事後のビールも美味しいですよね(*^^*)
でもお仕事中や帰宅時にドロドロに崩れたメイクを見てげんなり、ということ、ありませんか?
今回は、そんな夏のメイクを崩さないためのコツをご紹介していきます。
おすすめのアイテムも併せてご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

もう崩れない!夏メイクのポイントを抑えよう♪

夏のメイク事情。
一番多い悩みは『メイク崩れ』ではないでしょうか?
ドロドロ、くすみ、カサカサ…いろいろな問題が起こります。
今回はそんな夏のメイク崩れを防ぐためのメイクテクニックをご紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

朝:皮脂崩れを防ぐにはハンドプレス!

皮脂の分泌によってメイクはドロドロに崩れていきます…
そんな皮脂崩れを防ぐスキンケアのポイントは、ハンドプレス
水分不足で皮脂が過剰に分泌するケースが多いので、化粧崩れしやすい部分はしっかり化粧水を塗り、ハンドプレスで押し込みましょう。

 

朝のスキンケアでベースメイクのモチは変わります。
スキンケア一つ一つのアイテムを、しっかりと肌に押し込むようになじませることが、崩れないメイクの最初のポイントです。

 

 

朝:メイクが崩れやすい人は皮脂分泌をコントロールする下地を使って

メイクが崩れやすい日は、皮脂対策効果のある化粧下地を使うことをお勧めします。
こういったアイテムを上手に活用することで、化粧の崩れ方は大きく変わります。

 

 

 

昼:お化粧直しのポイントは保湿&オフ!

お昼のメイク直し。
ポイントは保湿と皮脂のオフの2つです。

 

まず頬や口角の周りは、保湿系のバームでしっかりと保湿しましょう。
口角周りの乾燥が気になるひとは、たっぷりのバームでオーバー気味に保湿します。恥ずかしければマスクなどで隠すのも手です。

 

そして、皮脂はオフ。
ただし油分を取りすぎてしまうと肌が乾燥を感じ、皮脂分泌がさらに過剰になります。
水で濡らしたコットンや、スポンジを包んだティッシュなどを使って、Tゾーンや小鼻を優しく抑えて皮脂をオフしましょう。

 

 

昼:毛穴落ち・法令線に落ちたファンデはなじませる

毛穴落ちしてポツポツした皮脂崩れや、ほうれい線に溜まったファンデーションは指でなじませるのが正解。
指で優しくなでて、崩れた部分をなじませましょう。
その上からツヤがでるクッションファンデや、BBタイプのクリームなどを重ねると、朝のメイクが復活しますよ♪

 

 

 

夜:メイクはリセットがおすすめ。無理なら保湿を

仕事終わりの夜のメイク崩れ。
お出かけの予定がある場合は、一度潔くオフしてしまうのがおすすめ。
その際は、乳液を含ませたコットンで崩れたメイク部分をオフ。
一度ティッシュで優しくふき取ってから、ミストタイプの化粧水や美容液を使って保湿。
BBクリームやクッションファンデ、リキッドファンデでメイクを直して。
クリーム系のファンデが無い場合でも、パウダーファンデだけでも綺麗に仕上がります。

 

また、オフが難しい…という場合は、水を含ませたコットンで皮脂を軽くオフしたらミストタイプの美容液でリフレッシュ。
目の下の三角ゾーンを中心に、リキッドタイプのコンシーラーや、パウダーを使ってお直しをしましょう。

 

ちなみに目の下の三角ゾーンは別名「美肌ゾーン」とも呼ばれ、ここさえ綺麗だったら顔全体が明るく綺麗に見えるといわれています。
お直しの際は、ぜひここを意識してみてください。

 

 

夜:顔のくすみが気になるときは、明るめコンシーラー

お出かけ前。
鏡の中に移るどんよりくすんだ自分の顔に愕然とするとき、ありますよね。
そんな時のお助けアイテムが、リキッドタイプの明るめコンシーラーです。

 

Cゾーンや、目の下、口角や小鼻の横に乗せるだけで、くすみを払拭してパッと明るい顔を取り戻すことができます。

 

 

 

 

 

「崩れにくい」をつくるポイントを抑えよう

いかがでしたか?
『崩れにくい』をつくるポイントをいくつかご紹介しましたが、やっぱり肝心なのは丁寧なベースメイク。
朝のメイクにゆとりをもって、スキンケアからベースメイクまでを丁寧に行ってみてください♪

 

 

投稿者プロフィール

momo
momo
コスメ・文房具・美容系・アクセサリー・食べ物・旅行・映画に興味があります♪
色々な情報をご紹介していきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。