今が旬!チェックしておきたいトウモロコシの効能とレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、トウモロコシはお好きですか?
トウモロコシといえば、
コーンスープにしても、そのまま茹でて食べてもおいしいですよね。
そんなトウモロコシは、甘くて食べやすいイメージですが
栄養なんてあるの?と思った方もいるのではないでしょうか。
実は、体にうれしい効能があるんです。
今回は、今が旬のトウモロコシの効能についてご紹介します。

トウモロコシとは

トウモロコシの主成分はでんぷんですが、

ビタミンやタンパク質も含んでいます。

またトウモロコシは、ビタミンEを含み、老化を防いでくれます。

そのため、トウモロコシを常食していた南アメリカやコーカサス地方では

長寿が多いと言われています。また、ビタミンB1,B2や食物繊維、マグネシウムなどを含みます。とてもバランスの取れた野菜なのです。

トウモロコシの収穫時期は6月〜9月中旬で夏が旬とされています。

204-corn2

 

トウモロコシの効能

便秘解消

トウモロコシに含まれる食物繊維は、整腸作用があることから

便秘解消したいときにオススメです。

 

免疫力アップ

含まれるカロテンや、ビタミンB1などの効果により、

免疫力アップが期待できます。

 

動脈硬化の予防

トウモロコシの胚芽の部分には、良質の植物性脂肪があり、

不飽和脂肪酸を含んでいます。

この脂肪酸には血管のコレステロールの清浄作用がありますので、

常食すれば動脈硬化の予防が期待できます。

 

オススメの食べ方

トウモロコシピューレの作り方

材料

トウモロコシ 2本

玉ねぎ 1/4個

ブイヨン、オリーブオイル(適量)

 

作り方
  1. 生のトウモロコシの実を包丁で切り落とす
  2. 切り落としたトウモロコシの実をオーブンの天板に並べて200度で温めておいたオーブンで焼く
  1. あらかじめオリーブオイルで炒めておいた玉ねぎに焼いたトウモロコシを加えて、浸すくらいブイヨンを加えて5分ほど煮立たせます。
  2. トウモロコシに3.を加えて割合が2:1にしてミキサーにかけて出来上がり。

 

冷製コーンポタージュ

205-soup

先ほど作ったトウモロコシピューレを使った料理です。

材料

トウモロコシピューレ 300ml(g)

牛乳 200ml

生クリーム 50ml

塩こしょう 少々

(ボウルの下に氷水を張って、冷やしながら調理するとより美味しくいただけます)

 

作り方
  1. トウモロコシのピューレに生クリームを入れ、塩で味付けをします。
  2. 牛乳を入れ、最後に香り付けにこしょうを入れてできあがりです。

 

最後に

いかがでしたか?トウモロコシの効能をご紹介しました。

おいしいレシピもご紹介していますのでぜひ参考にされてください。

 

参考:http://www.nhk.or.jp/ohayou/kencon/20150714.html

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。