悪習慣をなおして脱・乾燥肌へ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
肌

冬は空気が乾燥していますよね。湿度も低く、室内もエアコンやストーブなどの暖房を使うので、乾燥がさらに進みます。

そうすると、乾燥が原因で肌トラブルが起きやすくなってしまいます。とくに、かゆみや炎症を引き起こしてしまいます。

約9割の女性が悩んでいるという冬の乾燥肌。

今回は、肌の乾燥につながる生活習慣を見直し、冬の乾燥肌対策法をご紹介します。

冬の肌トラブルの原因

乾燥すると皮膚を守る「皮脂」が足りなくなってしまうため引き起こります。

健康な肌は、毛穴から出る皮脂と汗腺から出る汗が混ざり合い、天然のクリームとなって皮脂膜を形成しています。この膜が肌の一番外側にある角質層の表面を覆い、肌を守ってくれます。しかし、皮脂がうまく出なかったり、肌の表面が刺激されたりすると、この皮脂膜が壊れて角質細胞に蓄えられている水分が蒸発しやすくなり、乾燥が進んでしまいます。そうすると、皮膚はさまざまな刺激を受けやすく、菌も侵入しやすくなります。そのため肌の表面がかゆくなるのです。

肌の断面図

 

年齢を重ねると肌の新陳代謝が低下して、皮膚からの発汗や皮脂の分泌量が衰え、肌荒れやかゆみにつながります。

また、清潔志向の強い日本人は、体や顔をゴシゴシ洗いすぎて肌を守る皮脂まで落としてしまっています。

さらに、皮膚の乾燥を放置すると、シワやたるみが増えるなど、肌の老化を進めてしまいます。皮脂を守り、保湿をすることで、肌の状態を良好に保ちましょう。

 

あなたは大丈夫?肌の乾燥チェック

□  1.入浴時、体は念入りに洗う

□  2.寒いので食器洗いにはお湯を使っている

□  3.寝るときに電気毛布は欠かせない

□  4.フケが出るのでマメにシャンプーをしている

□  5.オイリー肌なので保湿ケアの必要はない

 

1.入浴時、体は念入りに洗う

とくにナイロンタオルに石けんを付けて、体中をごしごし洗うと、肌にとって大きな負担となります。ナイロンタオルで体を強くこすると角質細胞に刺激を与えるうえ、洗浄能力の強い石けんやボディーソープなどを使うと、角質細胞を健康に保つ皮脂をほとんど洗い流してしまいます。

お風呂につかるだけでも体の汚れは落ち、手に石けんを付けて気になるところを洗うだけでも十分だそうです。

 

2.寒いので食器洗いにはお湯を使っている

お湯+洗剤の水仕事は手荒れの大敵です。お湯や食器用洗剤を使うと、手の皮脂はほとんどなくなり表面が荒れてしまいます。洗剤はあらかじめ4〜5倍の水で薄めたものを用意して、水の温度はあまり上げないようにしましょう。水仕事の後はこまめにハンドクリームを塗りましょう。

 

3.寝るときに電気毛布は欠かせない

寝るときに電気毛布を使うと、体の乾燥を加速させてしまいます。使うなら布団に入るときだけ温かい状態にしておいて、寝るときはスイッチを切るようにしましょう。電気カーペットやこたつの長時間使用もよくないので気を付けましょう。

 

4.フケが出るのでマメにシャンプーをしている

頭皮は髪で覆われていますが、顔と同じ皮膚を皮脂が守っています。洗いすぎて皮脂が落ちると、頭皮が乾燥して皮膚がむけてフケになってしまいます。頭皮の乾燥が気になるならシャンプーは敏感肌用のものに変えて、1回の使用量を減らしてみます。そしてシャンプーは地肌ではなく髪につけ「髪を洗う」のを意識しましょう。

 

5.オイリー肌なので保湿ケアの必要はない

保湿ケアが不十分なため肌が無理をして皮脂を分泌している場合もあります。

皮脂が多いTゾーンは洗顔料で優しく洗い、乾燥しやすい目の周りや頬は水だけで洗いましょう。洗顔後は肌が乾ききらないうちに、化粧水で肌に潤いを与えて、クリームで蓋をしましょう。

 

徹底保湿!肌のお手入れ法

肌の保湿

体が乾燥してカサカサしている場合は、クリームよりもワセリンなどの軟膏が最適。しっかりと塗込んでください。

 

入浴

熱いお湯に長時間つかるだけでも、乾燥から肌を守る皮脂が落ちやすくなります。お風呂は38℃〜40℃ぐらいの少しぬるめの温度設定にしましょう。ゆっくりとお風呂につかる場合は入浴後、保湿ケアは念入りにしましょう。

 

下着と衣類

新品の下着は布にハリを持たせるため、化学薬品が使われている場合があり、かぶれの原因になります。買ったらまず一度洗濯をしてから身につけるのが良いでしょう。

 

加湿

部屋の湿度は60%が理想的です。

また、冬は寒くても睡眠中に体内の水分が大量に失われるので、寝る前にはしっかりと水分を摂るようにしましょう。

 

 

最後に

いかがでしたか?冬の乾燥対策、これでバッチリですね。

春も近づき残りわずかですが、快適な冬ライフを楽しみましょう。

参考:日経interesse 2014 February no.214

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。