肌荒れやニキビを防ごう!肌荒れに効くオススメの食材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
肌荒れ

肌の表面がカサカサ…化粧の乗りが悪い…

女性にとって肌荒れは、美容の大敵ですね。

肌は何歳になってもきれいでいたいものです。

でも気を抜くと、いつの間にかニキビができていたり、

肌が荒れていたりします。

一体何が原因で起こるのでしょう。

今回はその原因を探り、肌荒れに良い食べ物・悪い食べ物をご紹介します。

肌荒れの原因

肌荒れの原因は、偏った食生活、ストレスや紫外線、汗や睡眠不足、乾燥肌や便秘、合わない化粧品、生理によるホルモンバランスの崩れなどが挙げられます。

 

肌荒れになる食べ物

肌荒れの原因の一つとして、食事のバランスが悪いことが挙げられますが、

肉だけ、炭水化物だけという食事の仕方をしていると、

体の中の栄養バランスが整わないことから、肌荒れを引きおこしやすくなります。

また野菜不足も良くありません。肉中心の食生活は男性ホルモンが増え、肌が脂っぽくなります。

 

ニキビができる食べ物

油っぽいもの、動物性脂肪の多いもの、甘いもの、刺激物などです。

糖分を分解するにはたくさんのビタミン群を使います。

すると分解するためのビタミン群が不足したために、糖分は過剰の脂肪となってニキビのできやすい体質になります。

 

肌荒れに良い食べ物

肌荒れに困ったときは、美肌作りに欠かせない栄養素は

「タンパク質(コラーゲン)」「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」「ビタミンB類」「イソフラボン」

などです。これらをバランスよく取ると良いでしょう。それぞれ解説していきます。

 

タンパク質(コラーゲン)

身体の機能を維持し、円滑にします。また、肌をみずみずしく保ちます。

手羽先、豚足、牛すじ、魚類

 

イソフラボン

肌のターンオーバーを正常にして、ザラつき、くすみを防いでくれます。

豆腐、納豆、豆乳、みそ汁、きなこ、厚揚げ、枝豆

 

ビタミンA

不足すると潤いがなくなり、皮膚が硬くなったり肌荒れやシワの原因になります。皮膚を健康に保つ効果があります。

鳥や豚のレバー、ニンジン、うなぎ、ほうれん草

 

ビタミンC

コラーゲンの生成を助け、弾力肌づくりには欠かせません。

ニキビ後の色素沈着も防いでくれます。

ゴーヤ、キウイフルーツ、モロヘイヤ、レモン、ブロッコリー、アセロラなど

 

ビタミンE

細胞の老化を防ぎ、抗酸化作用があります。血行を良くする働きもあります。

サケ、カボチャ、アーモンド、ほうれん草、たらこ

 

ビタミンB類

ビタミンB2は、皮膚の新陳代謝を促します。ビタミンB6は、皮膚の抵抗力を高めます。肌にハリと弾力を与えます。

うなぎ、まぐろ、バナナ、にんにく

 

これらを、食事の一品として入れると良いでしょう。

 

最後に

いかがでしたか?肌にできる嫌なニキビ、肌荒れの原因が分かりましたね。
もし、肌荒れだなと思う方は原因を見直し、食材を肌にいいものに変えていきましょう。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。