クリーミーな泡立ちが20秒で実現!AWA HOUR(あわわ)がおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日行う、洗顔。洗顔の泡立ては、美肌には欠かせません。
洗顔フォームのCMで、ふわふわに泡立っているのを見て、
いざ自分で泡立てようとすると、あんな風にはならない、なんてことありませんか?
そこで今回ご紹介するのが、「あわわ(Awa hour)」という泡立て器。
見た目だけでは、泡を立てられるとは思えないのですが、
簡単にCMのようなきめ細かな泡を立てられます。
ということで、そんな「あわわ」をご紹介します。

あわわとは?


泡立てネットよりも、約7倍も細かい濃厚な泡が立てられるというこの「あわわ」。
底の直径は約8cm、高さは約11cm(スティック含む)の大きさです。
蓋が2枚付いているのですが、蓋つきのスティックを上下させて、
下の蓋を動かして、泡を作ります。

 

あわわの使い方

あわわと洗顔フォーム(チューブ)を用意しましょう。普段使うものでOKです。
チューブ式の洗顔フォームがなければ、洗顔石鹸でも大丈夫。

1.洗顔フォームを2cmぐらい出し、容器の中に入れます。※洗顔石鹸の場合は、蓋の下の凹凸に、こすり付けましょう。


2.高さ5mm程度のライン(線があります)のところまで、水を入れます。


3.棒付きの蓋を容器にはめて、2枚あるうちの下のふたを、棒を上下に動かしながら、動かします。


最初は、細かく1cmほど上下に動かし、泡が立ってきたら、動かす幅を大きくしていきます。
泡が立ってきて、蓋からはみ出しそうなくらいになってきたら、
泡の出来上がりです。

 

どのくらいの効果?

泡が細かくたっぷりと立てられるので、
肌になじみやすく、皮脂の汚れをきれいに取ってくれます。
洗ったあとは、肌が一皮むけたようにツルツル、しっとりとします。
これを使い始めたからか、吹き出物もできません。

気になる点

泡立てネットで泡を立てるよりも、たっぷりと泡を作ることができるのですが、
この容器を衛生的に置く場所に困りました。
濡れたまま置ける、きちんとしたスペースを確保しておくといいですね。
蓋の方は、スティックに穴がついていて、ひっかけられるようになっているので、
干しておく感覚で洗面所orお風呂の壁にかけておくと良さそうです。

最後に

いかがでしたか?
便利な洗顔の泡立て器をご紹介しました。
気になる方はぜひ、チェックしてみてください。

 

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。