その疲労は、秋バテのサインかも?元気を回復する9つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

9月に入るとだいぶ涼しくなり、日中も過ごしやすくなってきたと思います。とはいえ、気候の変わり目は要注意です。そろそろ夏の疲れが出てくる時期です。

猛暑が続いた今年の夏は、いつも以上に体のだるさを感じる人も多いようです。食欲不振だったり、頭がぼーっとして、疲れが取れず体がだるいなんてことはないですか?そんな症状が続く場合、それは、秋バテのサインかもしれません。

今回はそんな秋バテを克服し、スッキリ元気になる方法をご紹介します。

秋バテとは

夏に冷房に当たりすぎて体を冷やし、一日の寒暖差が激しくなる初秋に体調を崩し、食欲不振や、倦怠感を覚えることです。

夏バテにならなかった人も、夏に無理した場合、ツケが回ってくるため注意が必要です。

 

秋バテの症状

・  食欲がなく、胃がもたれる

・  疲れやすい、だるい

・  立ちくらみ、めまい

・  頭がぼーっとする

・  寝不足で朝スッキリ起きれない

・  良く眠れない

・  月経が不順になった

・  むくみやすい

・  便秘や下痢など胃腸の具合が良くない

・  頭痛がする

 

これらに当てはまるものはありませんか?

秋バテは、これらに当てはまるほど、深刻になります。

早めの対処をしましょう。

 

 

秋バテの原因

秋バテの原因を大きく3つに分類できます。

  体の冷え

体の内からも外からも冷やしてしまうために、不調が起こります。

冷たいものを食べたり飲んだりすると、体の内蔵を冷やしてしまいます。そのため、胃腸が冷えて、機能が低下し、全身の血の巡りが悪くなってしまうのです。

また、長時間冷房の効いた部屋で過ごしていると、体を冷やしてしまいます。

 

 自律神経の乱れ

冷房の効いた室内と、外気の差に適応しようとして自律神経がフル活動することで、全身の血の巡りが悪くなります。温度差に体を適応させるために、自律神経がくたびれてしまいます。

梅雨、猛暑、台風など、気温の変化についていけず、体が不調になります。

 

 ストレス

ストレスがあると緊張性の汗をかき、冷房下では、その汗が体をいっそう冷やしてしまいます。

 

 

秋バテの対策

温度調節

暑い日にクーラーを使用する場合でも、設定温度を1〜2℃高めにしたり、使用時間を減らしましょう。

日中と朝晩の温度差が激しくなるので、面倒でも外出時は上着を携帯しましょう。

 

お風呂を工夫する

シャワーで済まさず、38〜40℃のぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。

副交感神経を優位にしてストレスを緩和できるように、好きな香りの入浴剤を入れてリラックスしましょう

 

炭酸パックをする

血流が良くなり、新陳代謝が活発になります。夏の紫外線で疲れた肌をリフレッシュするのに最適です。

炭酸パックの方法については、こちらの記事をご覧ください。

http://www.beauty-lifehack.com/archives/630

 

気分転換に温泉を利用する

温泉へ行けば、美味しいものを食べたり、広い湯船につかって体の芯まで温まることができ、心身ともにリラックスすることができます。そうすることで自律神経の乱れやストレスを改善できます。

 

リラックスする

蒸しタオルを首の後ろやまぶたに当てて、ゆったりとリラックスします。

 

 

冷たい飲食物を控える

冷たいビールや、キュウリなどの夏野菜ばかりとらず、お茶や紅茶など暖かいものを積極的にとりましょう。また体を温めるショウガなどの食材をとりましょう。

 

疲労回復になる食べ物を食べる

ビタミンB群は疲労回復を助ける働きがあるため、豚肉やにんにく、ネギなどを食べましょう。

疲労回復についてはこちらの記事をご覧ください。

http://www.beauty-lifehack.com/archives/475

 

規則正しい生活を送る

朝食は、決まった時間に取りましょう。時間がないときでも、牛乳やヨーグルトなど手軽にタンパク質の取れる食材を取りましょう。

定期的にウォーキングやジョギングなど軽い運動をして代謝を促しましょう。

また、筋肉をつけて、体の冷えを防ぎましょう。

 

仕事や遊びの予定を詰め込みすぎない

初秋は体の調整期のため、あまりアクティブな予定は入れないようにしましょう。週末は、疲れが出やすいため、横になったり、だら〜っと過ごすのもOKです。ただ、日常生活にも適応できるよう、起床後は着替えて最低限の身繕いをするようにしましょう。

 

 

最後に

秋は、1年分の疲れを癒す時期ともいわれます。体の不調を放置しておくと、冷え性につながり、はたまた加齢を加速してしまう結果となってしまいます。この時期にしっかりと体調をリセットして、元気な体を取り戻しましょう。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。