気をつけよう!夏にできるニキビの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

いつもどおり洗顔してお手入れしているはずなのに、

なぜかニキビができてしまう。

汗をかきやすく、肌が荒れている。

ニキビは、夏にできやすいと言われています。

今回は、そんな夏ニキビの原因と対策をご紹介します。

 

 

 

夏にニキビができる原因

夏場は日差しが強く、気温が上がって汗をかきやすいため、

皮脂や汗の分泌が活発になります。皮脂や汗の分泌が過剰になって、

長時間そのままにしておくと、お肌の上で皮脂と汗は酸化し、

汚れとなってニキビの原因となってしまうのです。

180686

また、室内で冷房が効いていると、空気が乾燥するため肌の乾燥の原因となります。

さらに温度変化のストレスで自律神経が乱れ、

ホルモンバランスを崩すことで、皮脂の過剰分泌に繋がります。

 

 

夏ニキビを防ぐ方法

メイク法

メイク時間にあまり時間をかけず、濃厚な化粧品を使うのは、

可能であれば避けたほうがいいでしょう。

できるだけ、軽やかなお肌を保つことが重要です。

 

肌を覆ってしまうようなリキッドタイプの高機能ファンデーションや、

SPF値の高い日焼け止めなどは、あまり使わない方がいいでしょう。

こうしたタイプの化粧品は、肌を覆って毛穴を隠してしまうため、

毛穴から排出すべき皮脂や汗の流れを滞らせてしまう恐れがあります。

 

そこで、パウダータイプのミネラルファンデーションがオススメです。

このタイプのファンデーションは、一般的に含まれている界面活性剤やシリコン、油剤を含まないため、

毛穴を塞ぐことなく肌をカバーすることができます。

また化粧落としを使わなくても、石鹸でキレイに落とせます。

ニキビ肌でもファンデーションが使いたいというニーズから、アメリカで開発されました。

 

オススメファンデーション

シルクミネラルファンデーション

197-foundation

ミネラルファンデーションなので軽い付け心地で、肌をカバーしてくれます。

 

 

洗顔と洗顔後の保湿法

帰宅したら、できるだけすぐに洗顔をして化粧を落とすといいでしょう。

化粧をした状態の肌は、長時間皮膚呼吸ができず、

肌に汚れがついたままの状態になっています。

そのため、必要な時だけメイクや日焼け止めをつけて、

あとはできるだけ早く洗い流すことが大切です。

 

また保湿には、アミノ酸などの水溶性成分を含んだ化粧水や、

セラミドを配合した保湿力の高い美容液がオススメです。

クリーム系の化粧水の場合は、油分の少ないものを選びましょう。

 

冷房対策

羽織りものなどで体温を調節して、自律神経を整えてニキビ対策しましょう。

 

最後に

いかがでしたか?

夏にできるニキビの原因と対策をご紹介しました。

汗をかきやすい季節ですので気をつけたいですね。

気になる方はぜひ参考にされてください。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。