貧血予防や冷え性に!女性に嬉しいヒジキの効能とレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

和食の煮物などによく出てくるヒジキ。

日本の食卓には欠かせませんね。

みなさんは、そのヒジキの効能をご存知ですか?

実は、ダイエットや冷え性改善など体に嬉しい効能がたくさんあるんです。

今回は、ヒジキの効能についてご紹介します。

 

 

ヒジキとは?

ヒジキは、褐藻類の海藻の一種です。

生のヒジキは、緑っぽい茶色で、長時間煮込むことにより真っ黒になります。

カルシウムが多く含まれており、その含有量は牛乳の約12倍、

また鉄分も豊富で、ほうれん草の約15倍、鶏レバーの約6倍です。

「ヒジキを食べると長生きする」と言われており、

敬老の日にちなんで9月15日がヒジキの日となっています。

 

ヒジキの種類

芽ヒジキ…ヒジキの葉の部分で、口当たりの良い食感を持っています。

長ヒジキ…ヒジキの茎の部分で、芽ヒジキより歯ごたえがあります。

寒ヒジキ…冬に若いヒジキを刈り取って加工したものです。

 

ヒジキの効能

貧血防止

ヒジキには鉄分が多く含まれるため、貧血を防止してくれます。

 

骨や歯を丈夫にする

ヒジキには、カルシウムやミネラルが多く含まれています。

そのため、骨を丈夫にして、ストレスを解放し心を明るくさせてくれます。

 

便秘改善・整腸作用

ヒジキには食物繊維が豊富に含まれています。

ゴボウの約7倍の食物繊維が含まれていると言われています。

そのため、腸の調子を整え、便秘を改善してくれます。

 

生活習慣病予防

ヒジキは、低カロリーな食材で、肥満や生活習慣病の予防に役立ちます。

 

冷え性・肩こりの改善

ヒジキに含まれる鉄分をとることで、血流が良くなり、

冷え性や肩こりが改善されます。

 

ダイエット効果

ヒジキに含まれるタンニンには、中性脂肪をつきにくくする作用があります。

また、ヒジキを噛み続けることにより、味わいが深まり、お腹の中で膨らむことから、満腹感を得られます。

 

PMSや生理前の不快症状の改善

カルシウムが含まれているので、生理前の精神的不安を和らげてくれます。

また鉄分が多く含まれていることから、

生理による貧血を防ぎます。

 

肌や髪の毛を健康に

ヨウ素が含まれるヒジキは、新陳代謝の活発化を助け、お肌や髪、爪を健康に保ちます。

 

ヒジキのレシピ

ヒジキの煮物

材料(二人分)

乾燥ヒジキ:20g

油揚げ:1枚

人参:1/2

 

■調味料

  • サラダ油:大1
  • だし汁:200cc
  • みりん:大2
  • 砂糖:大1
  • 薄口醤油:大2
  • 醤油:大1/2

 

作り方

1.ヒジキは30分ほど水に浸し、3回ほど水を変えて洗いましょう。油揚げは熱湯をかけて油抜きし、千切りにしましょう。
2.人参も千切りにし、水に浸してザルにあげます。
3.鍋にサラダ油を入れて人参を炒め、ヒジキと油揚げを入れて炒めましょう。だし汁を入れる。
4.みりん、砂糖、薄口醤油、醤油を入れて汁気を飛ばして出来上がりです。

 

 

最後に

いかがでしたか?ヒジキの効能についてご紹介しました。

体に嬉しい効能がたくさんですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。