ふんわり艶のある髪にする、モロッカンオイルの効果と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、モロッカンオイルをご存知ですか?
モロッカンオイルは、洗い流さないトリートメントとして

世界中のセレブや女優、モデルの間で人気のヘアオイルです。

とくに乾燥が進む冬には髪がパサパサになりがちですが、

痛んだ髪を修復してくれたり、髪をつややかにしてくれたり嬉しいオイルなんです。

そんなモロッカンオイルの効果と使い方についてご紹介します。

スポンサードリンク

モロッカンオイルとは?

モロッカンオイルとは、アルガンオイルが入った

トリートメントのヘアケアブランドです。

オイル特有のベタつきもなくて香りが良く、髪がふんわりと1日中まとまります。
配合されているのは、アルガンオイルを中心に髪を補修するプロテインや、

髪を保湿する脂肪酸やオメガ3オイル、美容成分のビタミンなどの栄養です。

 

※アルガンオイルとは、モロッコのみに生育するアルガンの実から採取される希少なオイルで、

紫外線のダメージから守り、髪の栄養補給や再生、保護にも効果があるとされます。

 

●アルガンオイルの効能についてはこちら
http://www.beauty-lifehack.com/archives/2497

モロッカンオイルの由来

イスラエルを訪れていたモロッカンオイル社長夫人で美容師のカルメンさんは、

イスラエルの乾燥した空気で髪がボサボサになってしまいました。

しかし、現地の女性の髪は、お肌も髪もきれいなことに気づきます。

そこで何を使っているのか、聞き回ったそうです。そこで皆が答えたのが、アルガンオイルだったのです。

カルメンさんは、アルガンオイルをアメリカに持ち帰り、モロッカンオイルを作りました。

当時はヘアオイルの文化はありませんでしたが、5年ほどで急速に広まり、高級サロンではほとんど導入されるほどになりました。

参考:http://forcise.info/moroccanoil/about/index.html

 

モロッカンオイルの効能とは

紫外線などの毛髪ダメージを修復して栄養を与えて、保護する

紫外線などの外的要因で痛んだ毛髪に活力を与えて、ケアします。

オイルに含まれるタンパク質で毛髪に弾力と艶を与えます。

頭皮のかゆみや乾燥を防ぎます

髪と頭皮の最適なバランスを作り、かゆみや乾燥を防いでくれます。

 

ヘアカラーのダメージ保護

ヘアカラーやパーマで痛んだ髪に栄養を与えて、

艶感がアップして、スタイリングしやすくします。

シルクのような艶めき

髪に、艶や弾力、柔らかさを与えて、1日中ふんわりと持続させます。
なめらかな指通りに仕上がります。

モロッカンオイルの使い方

お風呂上りに。洗い流さないトリートメントとして

お風呂上りに、モロッカンオイルトリートメントを手のひらに1円玉大ほど少量とり、

シャンプー&コンディショナーの後にタオルドライしている状態で塗布します。そのままドライヤーで乾かしましょう。

 

スタイリングの仕上げとして

お出かけ前に、スタイリングの一番最後にモロッカンオイルをつけると、艶のある綺麗な仕上がりになります。

カラー・パーマの事前処理に

モロッカンオイルを、薬剤塗布前に、約5mlをダメージ部の毛先を中心に、

マッサージをするように塗布します。カラー剤の薬剤のダメージを軽減してくれます。

 

参考:http://forcise.info/moroccanoil/use/index.html

最後に

いかがでしたか?モロッカンオイルの効能についてご紹介しました。
モロッカンオイルは少し値段が高いですが、あなたの期待を裏切らないこと間違いなしです。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください〜

 

 

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中のアラサーです。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。