ハッピーオーラ全開に!ダイエット効果やキレイになれるランニングのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

気候がだんだんと暖かくなり、スポーツするにも

気持ち良い季節となってきました。

気軽に始められるランニングは、体にいいだけではなく、

キレイにつながる効果もあるんです。

夏に向けて、キレイな体づくりをランニングで始めてみませんか。

今回はランニングのうれしいメリットと

正しいランニングフォームをご紹介します。

ランニングのメリット

体脂肪が燃えて、ダイエットやむくみ予防になる

ランニングをすると、体脂肪は落ちますが、同時に筋肉量がアップします。

絶対に何キロ減るということはありませんが、

脂肪が燃えて体が引き締まっていきます。

そのため、見た目がスマートになっていきます。

またランをすることで血液循環が良くなり、むくみが取れて

フェースラインやデコルテが引き締まっていきます。

 

ポイントとしては、20分以上走ることです。

有酸素運動は、継続的に続けることが大切です。

ラン開始後20分までは体の糖が燃え、

それから脂肪が燃えるようになるのです。

 

血流がアップして、美肌になる

現代社会では長時間の同じ姿勢でのデスクワークや、

スマートフォンをいつも使っていることによって、

顔の筋肉や肩周りの筋肉が固まってしまい

顔に酸素が回っていない人が多いそうです。

そんな人ほどランニングがオススメです。

20分以上のランニングをすれば、毛細血管が活発化して

体のすみずみまで血液が流れるようになります。

 

また緩やかに汗をかくランニングは、

肌のターンオーバーを高める、ピーリング効果もあります。

ただし、朝夕の紫外線対策はしっかりしましょう。

 

筋力がついて、美脚&姿勢が良くなる

引き締まった健康的な美脚を手に入れたい方には、ランは絶対にオススメです。

お尻の筋肉も使うのでヒップアップにもなり脚が長く見えます。

ポイントは、正しいフォームで走ること。

後ほど、フォームをご紹介しますが、

脚の力で走るのではなく、しっかり腕を振って走りましょう。

さらに、腹筋、背筋も使うためバストアップにも繋がります。

 

抗酸化力がアップし、アンチエイジングになる

人間は、物を食べても呼吸をしても活性酸素が発生します。

この活性酸素が老化の原因となります。

ビタミンCやE、ポリフェノールを摂ることで、

食べ物から活性酸素を抑えることも可能ですが、

習慣的な有酸素運動も、抗酸化につながります。

年齢を重ねると血管が固くなるといわれていますが、

ランニングをすることで血管の弾力が増し、

アンチエイジングにつながります。

 

五感が冴えて、生活にメリハリが。心が前向きになりハッピーオーラが出る♪

神経伝達物質であるセロトニンは、20分程度のランニングをすると、

活性化されると言われています。

近年、幸せホルモンとしても注目を集めるセロトニン。

これが不足するとイライラしたり、怒りっぽくなったりします。

セロトニンは、一定のリズム運動によって濃度が高まり、

感情の起伏が穏やかになり、ストレス発散につながるのです。

 

 

 

正しいランニングフォーム

  1. 目線はまっすぐよりも少しだけ下向きに

苦しくなるとあごが上がってしまい、余計に疲れてしまいます。

下を向きすぎても呼吸がしにくいため、やや下向きをキープしましょう。

 

  1. 腹筋と背筋に力を入れる

走るときに肩や脚に力が入ってしまうと、フォームが崩れ疲れやすくなりがちです。力を入れるべきところは、おへその周りです。そうすることで

自然と背筋が伸び、腹筋と背筋が同時に鍛えられ、姿勢が良くなります。

 

  1. 腰位置を高く保つ

お尻の筋肉に意識を向けて、腰位置を高く保つように走りましょう。

そうすることで、お尻や腰回りの筋肉がよく使えてキレイな脚のラインに繋がります。

 

  1. かかとで着地しつま先で蹴る

ケガなく安全に走るためには、クッション性がある部分はかかとで着地しましょう。前傾姿勢でつま先ばかり使っている人がいますが、ケガの元となります。

159-ashi

 

  1. 腕をしっかり振る

1.手は軽く握り、わきから拳1個分くらいあけましょう
2.肘を引く力を意識しましょう。リズム良く左右均等に。

161-kobusi

走る前のウォーミングアップ

肩甲骨回し

ランニングに大切な腕振り。肘を曲げた状態から、上方に大きく回しましょう。

 

アキレス腱伸ばし

反対側の腕をあげて、同時に脇腹を伸ばします。目線はアキレス腱に向けましょう。

 

走った後の整理運動

ふくらはぎ・太もも伸ばし

立ったまま足先を引っ張ってふくらはぎと太ももを伸ばしましょう。

162-fukura

 

足裏・足の甲伸ばし

お尻を乗せて、自重でしっかり伸ばしましょう。そのまま前に倒して

足の甲も伸ばしましょう。

164-ashi-stretch

 

最後に

いかがですか?走ると嬉しいことづくしですね!

気になった方は、ご紹介した正しいフォームでぜひ挑戦してみてください。

 

参考:美的6月号

投稿者プロフィール

mayukou
mayukouwebデザイナー
美容と健康を研究中の30代です。特に、アンチエイジングが気になる今日この頃です。スーパーフードが好きです。特に、チアシードやココナッツオイルは、よく料理します。webをはじめとしたデザインのお仕事をしています。水彩画を勉強中。当ブログの中のイラストなども描いています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。